FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

真心ブラザース 『俺たちは真心だ!』

俺たちは真心だ!俺たちは真心だ!
(2008/11/19)
真心ブラザーズ

このCDの詳細を見る


 昨年の11月に発売された真心ブラザースのCDを聴きました。

 まず、タイトルは『俺たちは真心だ!』という、そのものズバリといった感じの直球勝負を感じます。そしてジャケットですが、クリスタルキングを思わせる大きなサングラスがキラーンと光り、あえてダサくしている感じが、“真心らしさ”をそそります。

 タイトル、ジャケットを眺め、CDをかけてみました・・・。

 まず、第一印象は「とても評価の難しいアルバム」ということです。

 桜井秀俊作品をヨーキングが歌うという真心の安パイ方程式は健在です。
 ヨーキングのリリシズムも健在です。
 桜井秀俊のとぼけ具合も健在です。
 “真心ブラザース”としては“外していない”アルバムです。

 が、しかし、どこか物足りない・・・。
 どこだろう、なんだろう・・・。そう思いながら繰り返し繰り返し聴きました。
 
 新しくない・・・。何か新しいことに挑戦している感じもない・・・。コンセプトもあまり感じない・・・。
 どこだろう、なんだろう・・・。このアルバムの良さって・・・。

 何度か繰り返して聴いて、でもやっぱり真心なんだなぁと感じる瞬間が訪れました。すると、このアルバムの良さが伝わってきました。

 このアルバムの前に出されたもの(『DAZZLING SOUNDS』、さらにその前に出されたアルバム『FINE』は、それほど落差がなく、同じ流れの中で作られている印象です。音作りも同じような感じがします。その流れに慣れていたところにこのアルバムですから、最初の違和感があったわけです。

 以前の流れに比べて、明らかにこのアルバムはそれらと一線を画しているところがあります。それは、以前の二作には、シングルカットされるような“売れ線”狙いの曲が入っていましたが、このアルバムにはそのような曲がありません。たぶんシングルカットされている曲もあるのでしょうが、かつてのループスライダーや、サマーヌードのような売れることを前提に作った曲ではないと思います。それがこのアルバムの良さにつながり、そして、売れ線を狙うのが俺たちじゃない、“俺たちは真心だ!”というタイトルにもつながっていくのではないでしょうか。

 このアルバムの中には、「色」という曲があります。ヨーキング、桜井秀俊の両者の歌声が聴けるフォーク調の曲ですが、これはデビュー当時の真心ブラザースを彷彿とさせます。かつてパラダイスゴーゴーの勝ち抜きフォーク歌合戦に素人として出演していたあの真心とダブります。真心として、真心の原点に立ち戻ろうとする真心自身の俺たち回帰の本作なのではないでしょうか。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

去年の今頃のように

楽しい夕に(紙ジャケット仕様)楽しい夕に(紙ジャケット仕様)
(2008/07/02)
RCサクセション

商品詳細を見る

 私のRCサクセション初体験は、名曲アワーでもご紹介した「ぼくの好きな先生」からはじまり、そのときに購入した『初期のRCサクセション』が初体験アルバムでした。
 『初期のRCサクセション』は、メンバーが演奏と歌を入れた後、勝手にレコード会社が音を加えてしまったそうで、清志郎たちは怒りにも似たものを感じたそうです。ちなみにそのときのアレンジをしたのは、後にキャンディーズの作曲や編曲を手がけた穂口雄右氏で、そのときに演奏をしたのは、当時バリバリの腕利きスタジオミュージシャン、イセタトリオというバンドだったそうです。

 そんなアーティスト不在のアレンジが加えられたアルバムでも、個人的にはけっこう好きで何度も聴いていました。しかしだんだんと他の曲も聴きたくなり、セカンドアルバム『楽しい夕べに』を購入しました。ファーストアルバムでは勝手にアレンジされたことを訴え、このアルバムでは自分たちで演奏したようです。
 私はこのアルバムを最初に聞いて、あまりいいとは感じませんでした。というか、とても雑多な印象があり、何となくとらえどころのない感じがしました。全く音楽を聴いたことがなかった人間が、「ぼくの好きな先生」でRCサクセションに入門したので、この両アルバムの落差に面食らったのでしょう。
 何度も聴いて好きになろうと思ったのですが、なかなかなじんでくるまでは時間がかかりました。そしてしばらく封印していたのですが、あるときまた聴いてみて、ああいいなぁと思えるときがあり、そこから聴けるようになりました。私は食わず嫌いなところがあるので、こういうことはしばしばあるのですが・・・。
 このアルバムは、けっこう面白い曲、楽しい曲、いい曲がつまってるんです。悪く言えばまとまりはないのですが、良く言えばこの頃に一つのピークを迎える清志郎の才能が、多彩な音楽となって再現されているのが当アルバムです。
 アルバムタイトルである“楽しい夕に”が歌われた「忙しすぎたから」は、高校時代の夏休みっぽさが出ており、また同時に、青春の孤独さも感じます。リンコ・ワッショウのリードボーカルにかぶさってくるサイドボーカルの清志郎の声が気持ちいい「エミちゃんおめでとう」、ビートルズの「I'm only sleeping」を元ネタにしたであろう「ねむい」、後の「君が僕を知ってる」と同じ目線ではあるけど全く違う曲調の「あの子の悪い噂」、そして最後を飾る「ぼくの自転車のうしろに乗りなよ」は、実際の自転車のベルが入りながら、ブルースしています。このアルバムが発売された頃、テレビの公開録画でこの曲が演奏されていたようですが、観客はどんな思いで聴いていたのだろうか・・・。

 雑多ではありますが、様々な音楽の要素が盛り込まれたアルバムです。

 ぼくうちにおいでよ
 ぼくが自転車で迎えに行くからさ
 二人でコタツで 紅茶を飲もう
 去年のことさ、
 去年の今頃のようにだよ♪
(『去年の今頃』より)

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

鳥のうたはラヴラヴ

GROOVIN’ TIMEGROOVIN’ TIME
(1997/07/24)
忌野清志郎 Little Screaming Revue

このCDの詳細を見る


 本日某音楽プロデューサーが逮捕されました。朝一番でネットで確認し、とても驚きました。とくにこの方の音楽に傾倒していたことは一度もないのですが、この方の音楽が世間を席巻していた頃、ちょうど多感な20代を過ごしていたので、いろいろな意味で印象は強く残っています。

 そのときも私はひたすら忌野清志郎ファンだったのですが、ちょうど某プロディーサーの音楽がピークだった頃に、この「GROOVIN’ TIME」がリリースされました。

 このアルバム中に納められている「鳥のうたはラヴラヴ」というのがあります。
 この曲は、当初は某プロデューサーへあてつける内容のものだったようです。しかしいつの間にかそんな批判的な内容を書くことすらもどうでもよくなり、鳥の唄のように自由に歌いたい、そんな気持ちに変わっていき、完成した曲だそうです。
 清志郎自身、この頃は2・3’S解散後の模索の時代です。売れ線を狙って3曲続けたシングルがどれもこけてしまったりもしていました。その鬱憤を晴らすかのように、これは、フル・アルバムとしては4年ぶりでした。貯まっていたエネルギーを吐き出すかのような曲が並ぶ中、この「鳥のうたはラヴラヴ」だけはゆったりとさせてくれます。
 リトル・スクリーミング・レビューというぶっとい音のバンドを引き連れてのアルバム。機会がありましたら、このGROOVIN’ TIMEと、「鳥のうたはラヴラヴ」を聴いてみて下さい。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

『ダンス・トゥ・ザ・ミュージック』 スライ&ザ・ファミリー・ストーン

暴動暴動
(2008/09/24)
スライ&ザ・ファミリー・ストーン

CDの詳細を見る


FreshFresh
(2007/04/17)
Sly & the Family Stone

CD詳細を見る


 スライ&ザ・ファミリー・ストーンといえば、この『暴動』、『Fresy』あたりがベストとよく言われています。この2作品は、スライの活動期のピークに位置するもので、スライ&ザ・ファミリー・ストーンのファンならずとも、ロック、R&B、ファンクといった音楽の歴史を概観するためにも、必聴の2枚といえます。


ダンス・トゥ・ザ・ミュージックダンス・トゥ・ザ・ミュージック
(2008/09/24)
スライ&ザ・ファミリー・ストーン

CD詳細を見る


 しかしここであえて私が推したいのは、セカンドアルバムであるこの『ダンス・トゥ・ザ・ミュージック』です。このアルバムには、幅広い音楽性を帯び、リズムの革命を起こす前夜の、激しいスライの衝動がこの一枚に篭められています。激しいリズム、激しい叫びとテンションは、一枚通して休むことなく続きます。
 スライ&ザ・ファミリー・ストーンのリズムは、ソウル、ジャズ、ロックというあらゆるミュージックシーンに影響を与えました。そして、スライ自身も音楽の変遷の旅を、70年代に疾走していきます。その疾走前夜の高揚感は、今聴く者にも強烈な刺激を与えてくれます。

そしてスライを語るときに重要なのは、アメリカ合衆国における黒人の解放運動との重なりです。スライの圧倒的なリズムパフォーマンスの背景には、差別を受けてきた歴史からの解放があります。この解放を、スライはまず『ダンス・トゥ・ザ・ミュージック』という音楽から始めました。そしてこれ以降音楽とともに歌詞にもその解放への衝動を叩きつけていきます。日本ではこのような感覚はわからないものですが、スライの音楽に耳を傾けながら、当時のアメリカの歴史を感じてみるのもいいかもしれません。

色褪せないスライの衝動を、この一枚から聴いてみてください。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

CD『アロハ・フロム・ハワイ』 エルヴィス・プレスリー

アロハ・フロム・ハワイアロハ・フロム・ハワイ
(1999/01/08)
エルヴィス・プレスリー

このCDの詳細を見る


 治療院でときどきエルビスのCDをかけます。以前このブログにも紹介いたしましたが、特にクリスマス時期にかけるゴスペルのものはとてもいいものです。本日はハワイから衛星中継されたエルヴィスのアルバムをご紹介します。

 このアルバムの帯には、“伝説が宇宙から降り注いだ日、’73年1月14日”と太文字で書いてあります。これはサテライト、つまり衛星中継で放送されたライブですので、“宇宙から”ということになっていますが、それにしても“伝説が宇宙から降り注ぐ”・・・なんて大げさな・・・とお思いになるかもしれません。しかし、エルヴィスにはこのこのフレーズがぴったりなんだなぁと、聴いた後にじわっと感じます。さらに帯には、この中継を当時10億人の人が見たとかかれています。10億人とはずいぶんと大きく出ていますが、まさに伝説のなせる技。しかもただの衛星中継ではなく、衛星“生”中継であったことがさらにすごいことではないかと思います。地球上の10億人が同時刻にテレビに釘付けであったわけですが、単純にその光景を思い浮かべただけでも、“伝説”ものです。これに匹敵する放送はサッカーのワールドカップや現在行われているオリンピックくらいでしょうか・・・。

 このアルバムはエルヴィスの晩年(エルヴィスはあまりに若くして、42歳にて他界していますので)、38歳のものです。デビューした頃の若さが溢れるがむしゃらさから比べ、歌い方にはだいぶ円熟味を増しています。エルヴィス本来の太く響く声にロックのリズムが絡み合い、究極のロックショウを表現しています。以前このブログにも書きましたが、こういったロックショウという分野は、エルヴィスにより始まりエルヴィスによって終わったもので、この頃のエルヴィスのみが表現しえたエンターテイメントの形であります。よって現在はこれほど大規模なものは絶滅しています。

 このような表現ができたのは、エルヴィスが持っている“王者”としての風格にあると思います。ジョン・レノンも、ミック・ジャガーも、エリック・クラプトンも追いつけない“王者”としての風格・・・。ボス、カリスマ、ロックスター、キング、いろいろな名称がありますが、“王者”という称号が似合うのはエルヴィスだけではないでしょうか。

 しかし、そんな王者であっても、この衛星生中継は緊張の中でのライブだったようです。衛星を使って生中継されるのですから、失敗は許されません。天性の歌唱力はあったとしても、それだけでやれるほど甘くはないもので、やはり裏ではかなりのリハーサルを積んで、最高の状態で挑んだようです。またこの一年前、エルヴィスは愛妻と離婚すると言うとても心が傷む経験をしています。その心の傷が完全に癒えていない状態で、果敢にこの歴史的偉業に挑んだのです。
 このアルバム以後、心の痛みと様々なプレッシャーの中で、エルヴィスは心身ともにすり減らしながらぼろぼろになっていき、4年後の死を迎えます。ステージでは最後まで“王者”としての風格を維持しつつも、エルヴィスの心身は悲鳴を上げていたのです。しかし、そういったものを振り切っての“王者”としてのエンターテイメント、そして誰も真似できない巨大なロックショウ。このアルバムの声からは、エルヴィスの魂の叫び、ぼろぼろになろうとも生き抜く力を感じます。

elvishawaii.jpg

 このアルバムのジャケットの裏です。大好きなライダースーツを着込んで、ハワイのファッションに囲まれているエルヴィス。どことなくミスマッチで、正直私は微笑んでしまうのですが、それがまた私にとってのエルヴィスの魅力です。このライダースーツは、エルヴィスにしか着こなせないですね^^

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

LONG TIME AGO

ザ・タイマーズザ・タイマーズ
(2006/01/25)
THE TIMERS

商品詳細を見る


LONG TIME AGO 44年前(このCDが発売されたのが1988年)
原子爆弾が 落ちてきて
何10万人もの人が 死んでいったのさ

LONG TIME AGO 44年前
8月6日の朝 8時15分
何の罪もない人が 死んでいったのさ

LONG TIME AGO 44年前
人間の歴史で 初めてのことさ
この日本の国に 原子爆弾が落ちたのさ
  ・
  ・
  ・
(『LONG TIME AGO』作曲作詞:ZERRY より)

 先の第二次世界大戦で原子爆弾が投下されたのが8月6日。
 ZERRYこと忌野清志郎がこの曲で歌うように、何の罪のない人の命が、原子爆弾によって一瞬にして奪われ、あたり一面が焼け野原になりました。この原子爆弾の投下によって日本は降伏することになりますが、どうしてもっと早くその決断ができなかったのかと悔やまれます。
 “時代”という波の中にいると、その時代を正当に評価できないところもあります。正しく評価できるのは、その後に生きる人々であるとも言われます。果たして現在、何十年も前のこの日に起きた、この国の現実を、私達はどのように受け止めているのでしょうか。正しい、正しくないという価値判断はとてもファジーではあり、決め付けるべきものではないのかもしれませんが、こと戦争に関しては、答えは常に「NO」だろうと思うのですが、皆様、この8月6日はいかがお過ごしでしょうか?

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

清志郎の弾き語りを観る(2) 『ONE MAN SHOW』

One Man ShowOne Man Show
(2004/07/21)
忌野清志郎

商品詳細を見る

 忌野清志郎の弾き語りと言ったら、2004年の『ONE MAN SHOW』が思い出されます。このライブは清志郎の長いミュージシャン歴の中で、初めてのワンマン弾き語りショーです。本人も相当緊張しているような様子で、しょうしょうテンポが走っているところもあります。でも、それがまた清志郎の素の部分を見せてくれており、ふぁんくらぶ祭同様に親しみを感じます。そして弾き語りの演奏ですが、ギターはもちろん、ウクレレ、ハモンドオルガン、ドラムなど多彩なところを見せてくれます。

 DVDはいきなり「ぼくとあの娘」で始まります。この曲はアルバム『ハートのエース』に入っていますが、元々は3人編制のフォーク時代に歌われていたものですので、アコースティックギターによる弾き語りにはもってこいの曲です。初期のRCサクセションの曲は、青春期特有の切なさが交錯します・・・。個人的には、この「ぼくとあの娘」は、RCの曲の中でもベスト5に入れてもいいのではと思う曲です。
 そして次の曲「涙でいっぱい」もフォーク編制時代のものです。この曲はアルバム未収録で、現在他では聴くことができないので貴重です。できれば破廉ケンチ、リンコ・ワッショウの3人編制の原曲を聴きたいところですが、これだけでも十分その時代の空気と切なさを聴くことができます。
 この冒頭の2曲の他に、「三番目に大事なもの」「宝くじは買わない」と、初期のRCサクセション好きとしては堪らないレパートリーが揃っています。
 その他、テナーウクレレによる反戦ソング「LONG TIME AGO」、コミカルな「赤い原付」、動揺「カラスの赤ちゃん」など聴き応えのある弾き語りがたくさんあります。特典映像も楽しい「ONE MAN SHOW」です。
 
 このDVDを聴いていますと、清志郎の声が少々割れています。いつもの伸びやかさがあまり感じられません。おそらくこのあたりから咽の調子が悪かったのかなと思います。それを思うと、奇跡的なワンマンショーです。是非一度聴いてほしい一枚です。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

清志郎の弾き語りを観る(1) 『スクリーミング・レビュー』

 忌野清志郎と言うと、RC時代の飛んだり跳ねたりする姿を思い浮かべる方も多く、清志郎が楽器を弾く姿は想像できない方もいるかと思います。そもそもRCサクセションは3人組のフォーク編制でデビューしました。破廉ケンチのリードギター、リンコ・ワッショウのウッドベース、そして忌野清志郎はサイドギターとメインボーカルを担当。1960年代の日本の音楽シーンは、フォークソングブームで、デビュー当時のRCサクセションもまた、その流れに入っていたと当時は思われていました。そういった意味では、先日行ったふぁんくらぶ祭でも感じたのですが、清志郎にとって弾き語ることは、一つの音楽の原典回帰なのではないでしょうか。

 現在DVDで清志郎の弾き語りが観れるものの一つが、この『スクリーミング・レビュー』です。

Screaming RevueScreaming Revue
(2005/09/14)
忌野清志郎

DVDの詳細を見る

 RCサクセション解散後、清志郎は新たなる音楽シーンを求めて試行錯誤に入ります。その一つが2・3’S(ニーサンズ)でありました。若いメンバーを引き連れての楽しいバンドでした。「お弁当箱」「いつか観た映画みたいに」「あの娘の神様」など名曲もたくさんあります。しかし、若いメンバーの反目があったようで、2・3’Sは惜しまれながら解散の道へ・・・。
 2・3’S解散後にしたソロコンサートが、この『スクリーミング・レビュー』です。この『スクリーミング・レビュー』は、清志郎にとっても居心地が良かったのか、この後の清志郎のバンド“リトル・スクリーミング・レビュー”の前哨戦となりました。
 渋谷公会堂で行われたライブ映像ですが、PPM(ピーター・ポール&マリー)の「天使のハンマー」から始まり、泉谷しげるの黒いカバンの替え歌で、コミカルな「赤い原付 (黒いカバン)」、そして不遇時代の幻影を映し出した「まぼろし」、またDVD最後には、アンコールで歌われた、フォーク時代の「ぼくの家の前の道を今朝も小学生が通います」といった弾き語りを観ることができます。実際のライブでは、「あの歌が思い出せない」「宝くじは買わない」なども弾き語りで歌われましたが、惜しくもこのDVDには収録されていません・・・。アンコールでは仲井戸“CHABO”麗市も登場して、RCサクセションの名曲「君がぼくを知ってる」が歌われます。このときのCHABOの表情が素晴らしいです・・・。

 ちなみにこれは自慢ですが・・・(すみません、自慢で・・・)
 このライブが行われたのは6月25日で、私の誕生日でした。
 そして席は一番前(舞台向かって左端のほう)。
 そして、その一番前の席にいたため、DVD最後の「天使のハンマー」で会場が映るとき、チラッと私が映りこんでいます(笑)
 さらにこのとき、清志郎が歌い終わった後にTシャツを会場に投げ込んだのですが、私の方にフラフラと飛んできたので、ジャンプして掴みました・・・。しかし、後ろの人も掴んでいたので、私は遠慮してその手を離してしまいました・・・。

 と、このDVDは、いろいろな意味で感慨深いものです。。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

アッハハハッハ~♪

 笑いの計測器、その単位はアッハ・・・。

 アッハといえば、思い出すのがRCサクセション最後期の名曲「I LIKE YOU」。

そんなに考えることはないさ
はじめに感じたままでいいさ
そのままで最高の君さ
何にも飾らなくていいさ

さあ笑ってごらん
アッハハハハッハ

My Baby, I like you, I like you, I love you.
My, My, My, My, Baby, I like you,
Yes, I do like you.

清志郎が、生まれたばかりの愛息に贈った曲、「I LIKE YOU」。
 
赤ちゃんが笑うと、周りがパーッと明るくなります。
そんな赤ちゃんの笑顔が伝わってくる名曲です。


Baby a Go GoBaby a Go Go
(2005/11/23)
RCサクセション

CDの詳細を見る

このアルバムは、それまでのRCサクセションの音と決別し、より手触り感のある音を目指したものです。シンプルに3人に戻り、新しいRCサクセションの始まりを感じさせるアルバムでした。しかし、RCはこのアルバムを最後に解散をしたのです・・・。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

GREAT ADVENTURE FAMILY

 「こころを捉える」と題して、こころについて書いてまいりました。こころについて思うと、いかに自分のこころは弱く、いかに多くの方に支えられてきたかということが分ります。そして、多くの歌にも励まされました。その中で、私が鍼灸学校時代に支えてもらった曲をご紹介します。

GREAT ADVENTURE FAMLIY
(song by 真心ブラザース writtened by 倉持陽一)

慌てるなよぼくの心よ 慌てるなよぼくの心よ
時はもうそこまで来ているよ 時はもうそこまで来ているよ

人間のふりした機械人たちよ エネルギーとって夜は充電かい?
風はもうそこまで吹いているよ 風はもうそこまで吹いているよ

純粋な心を蝕む経験は きっときっと君を もっともっと純粋にするだろう
あいつはもうそこまで来ているよ あいつはもうそこまで来ているよ

ねえ僕に君の時間を少しだけくれよ
君に歌いたい伝えたいみせたいものがあるのさ
ドアはもう君のために開いているよ ドアはもう君のために開いているよ

心を大きく広げてゆこう
大きな心支える丈夫な身体にしよう
風まかせとか状況見つつなんて言ってるうちにくたばるぞ
本当に君が思っていることをムリヤリ聴かせてやれ

時はもうそこまで来ているよ
時はもうそこまで来ているよ


 鍼灸学校の卒業式が終わり、その後の謝恩会で、私はこの曲を、ステージの上でギターの弾き語りをさせていただきました。歌い終わると、知らない人から、「えがったえがった」と言われたり・・・。
 今でもこの曲は大切な一曲として、口ずさみます・・・。

追伸: 先日友達がギターを持って治療院に遊びに来ました。借りて弾いてみたのですが、すっかりコードを忘れていました(苦笑)


この曲はこのアルバムに入っています。「新しい夜明け」「拝啓、ジョンレノン」「君と一緒」「空にまいあがれ」などの名曲がたくさん入っている、真心ブラザース中期の頂点といっていい一枚です。

GREAT ADVENTUREGREAT ADVENTURE
(1996/09/21)
真心ブラザーズ

CDの詳細を見る


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング