FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

七草

 昨日七日は、七草です。

nanakusa0901.jpg

 私もスーパーでセットになっているものを買ってきました。こうやってパックになっていると便利ですね。
 以前にも七草についてブログに書いたと思い、それをリンクしようと思いましたら、どうも見当たりませんので、再び書きたいと思います。

 春の七草は、せり、なづな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろの七つを指します。これは、その歳の邪気を払うものとされて、この時期に食べるようになりました。この七つを、言霊という面で見ていきますと、以下のようになります。

せり(芹)
せりは、「選り」に通じ、自分の意思による選択と、それに伴う実践。

なづな(ぺんぺん草)
なづなは、「名綱」に通じ、名はつまり五十音の一文字一文字の発音と意味をさし、綱は、五十音の表のように網目のようにつながりあっているということにつながります。たとえば「い」という文字は、縦列あいうえお、横列いきしちにの交差するところにあるように、一つ一つの文字はそれぞれ交差する網目の一点になっています。

ごぎょう(よもぎ)
これは、東洋医学でも重要視する五行(木火土金水)を指し、あいうえおという五つの母音に通じます。

はこべら(はこべ)
はこべらは、はこべ、つまり「運べ」に通じます。運ぶとは、運用であり、活用です。言葉そのものは、名詞、動詞、助動詞などの区分がありますが、それぞれ活用があります。また、言葉は使い方によって命令したり、お願いしたり、喜びを伝えたりと、様々に活用されます。その意味での運用、運びです。

ほとけのざ(かすみぐさ)
これは、「仏の座」に通じますが、言葉を正しく運用したことによって生じる精神状態で、“仏”のようになれれば最高であるという願いでもあり、目標であり、たどり着けるところを指しています。

すずな(蕪の古名)
すずなのすずは、鈴。鈴は人間の口にも喩えられます。そこの鈴から発せられる名、つまり言葉や会話ということになります。

すずしろ(大根の古名)
すず=鈴=言葉が耕される代(畑)で、すずしろです。これは五十音の表にへつながります。

 覚えるときは、せり、なずな、ごぎょう・・・の順番で覚えると覚えやすいかと思いますが、言葉、言霊という意味でいきますと、すずな → すずしろ → なづな →ごぎょう → せり → はこべら → ほとけのざ の方のが、意味がつながりやすいかと思います。

 言葉は人を育てることもありますが、悪影響を与えるものでもあり、その影響は陰陽様々です。そして、我々は、精神的な活動をするときには、必ず言葉を使います。心の中で内省するときも、言葉を使います。
 言葉を正しく使うことは、人と人とのコミュニケーションでもあり、自分の気持ちを整えることにもなる、ということを、七草を通して言霊の世界は教えています。

 一年間、いい言葉を使って、無病に、そして気持ちよく過ごしたいと、思いながら七草粥を作りました。しかし、どこがどうなったのか、七草粥ではなく、七草おじやになってしまいました(笑)とりあえず、七草を食べれたことで、良しとしておきます^^


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント