FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

伊勢参拝紀行 ピンボール発見!

 伊雑宮と御料田の参拝を終えると、時間はすでにお昼をだいぶ廻っておりました。朝も新幹線内で軽く済ませただけなので、だいぶお腹が減っておりました。これからの予定を考えて、鳥羽で食事をすることにしました。スペイン風の駅舎である志摩磯部駅で1時間くらい電車を待ち、鳥羽へ。
 お昼の時間をだいぶ廻っていたので、ガイドブックで目星をつけておいたお店はことごとくランチタイムが終了してました・・・。少し周りを歩いたのですが、適当なお店も見当たらないので、鳥羽駅に直結している鳥羽一番街というビル内で食事をすることにしました。

 食事を終えて同じフロアを廻ってみると、そこにはゲームセンターが。
 こういうところのゲームセンターには、かなり懐かしいゲームがあるものです。

 その予想に反することなく、素晴らしいものがありました!!

ise_pinball1.jpg ise_pinball2.jpg

 ピンボールです!!

 しかも上の写真の最初のものは、「GETAWAY」と呼ばれるピンボールですが、これは、同名映画をモチーフにしたもので、名作の一つとされています。久しぶりに「GETAWAY」のピンボールに出会えて、少々気持ちが高ぶりました。

 大学時代に村上春樹の『1973年のピンボール』という本を読みまして、ピンボールに興味を持ちました。さらにそのとき、所属していた文芸部の先輩で、「ピンボール箱庭説」というものを唱えている人がおり、その先輩に感化されて、よくピンボールをやりにいったものです。その頃に私が良くやっていたのが、まさにこの「GETAWAY」です。

 ピンボールといいますと、皆様は、単に金属の玉を弾いているだけだと思っておりませんか?いえいえ、このピンボールにはとても深い意味が込められているのです・・・。
 例えばこの「GETAWAY」というピンボールですが、この中で打たれる金属の玉は、カーチェイスをする車であり、警察と犯人、といったものを象徴しているのです。そしてその象徴である玉は、狭い盤面を縦横無尽に飛び跳ね、様々な仕掛けをしていきます。その仕掛け一つ一つが実は映画の中での場面を現したりしているのです。
 例えば下の写真の「ROLLERGAME」は、日本でも一時ブームがあったローラーゲームをモチーフにしたものですが、「GETAWAY」では車を象徴していた金属の玉は、この盤面ではローラーゲームのメンバー一人一人になります。そして「GETAWAY」同様に、狭い盤面を動きまわることで、ローラーゲームを表現しています。
 金属の玉という無機質な物体が、盤面の中では様々なものに変っていきます。その象徴を作り上げるために、小さな盤面に様々な仕掛けが施され、場面を演出する絵や音が装飾されています。こうして見ていきますと、ピンボールはまさに“あるもの”“ある宇宙”を表現するための、象徴的な“箱庭”なのです。
 京都の龍安寺には有名な石庭がありますが、石というもので大きな宇宙を表現していると言われています。私も一度訪れたことがありますが、この石庭を眺めていますと、心の奥底にある“なにもの”かが呼び覚まされるように思います。同じように、ピンボールというこの狭い空間もまた、石庭と同じように、“なにもの”かを表現しようとした“箱庭”なのではないでしょうか・・・。
 ・
 ・
 と、大学のときの先輩が力説していました。
 ・
 ・
 これはサッカーや野球など、球技全体にも言えることですが、我々の深層心理の中には、玉というものに“なにか”象徴的なものを込める思いがあるのではないでしょうか。我々が踏みしめている大地は、“地球”という球です。中国でも、完全で安定した形として真円が好まれるそうですが、これは球体という“なにものか”への憧憬があるのではないでしょうか。

 ピンボールについて熱く語ってきましたが、実は私はピンボールが下手です(笑)ですので、今回は眺めるだけにしておきました。そこで盤の状態は分りませんが、貴重な盤ですので、ピンボールマニアの方がいらっしゃいましたら、ぜひとも打ちに、鳥羽を訪れてみてください。

【関連情報】
□ 鳥羽一番街

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント