FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

映画 『出口のない海』

出口のない海出口のない海
(2007/02/23)
市川海老蔵(11代目)伊勢谷友介

映画の詳細を見る


 終戦記念日がもうすぐです。

 終戦記念日は、遠くなっています。
 何十年も前に起きたことで、そしてその記憶も、思いも遠くなっています。第二次世界大戦を、我々日本人は“先の大戦で・・・”と言うことがありますが、日本が戦争に参加し、国を上げて戦った過去の一番近い戦争が第二次世界大戦ですので、それを“先の・・・”と言えるのは、そのとき以来戦争をしていないと言うことだから言えることです。そういった意味では、何十年も戦争をしていない日本は、このことを誇りに思ってもいいと思いますし、また、いつまでもこの戦争の記憶を、“負の遺産”として語り継いでいく必要があると思います。

 私より一回りと少し年上の知り合いが、先の世界大戦を、「アジアを教育したんだからいい戦争だったんだ。」と肯定しました。私は唖然としました。アジアを教育しただなんて、なんという傲慢な物言いだと感じましたし、腹立たしく思いました。
 私は単純に、「戦争なんてないほうがいい」、ただそれだけです。戦争のために、どうして人生を棒に振らなくてはいけないのでしょうか・・・。本当にそこに教育という意味があったのでしょうか?なかったはずです・・・。

 映画『出口のない海』では、野球に情熱を傾けた大学生が、時代の流れに押し流されて、海の特攻隊である回天の乗組員になっていく物語です。この映画が公開された頃の映画評には、“セットが安っぽいのがダメ”と書いてあったので、ずっと見る気がなかったのですが、映画館で予告編を観て気になっていたこともあり、今回この時期に観てみました。
 私は映画を観て、セットが安っぽいとは決して思わなかったです。むしろこの安っぽさは、映画だからではなく、その頃の当時の日本の現実の姿だったんだと思います。この映画の時代背景は、敗戦濃厚の頃ですから、全てにおいて物資に窮しているので、命運をかけた回天であろうと、この程度に過ぎなかったのではないでしょうか。この“安っぽい”現実は、日本が敗戦に向かっている現実です。その日本が敗戦に向かっていることを知りつつも、そこに身を投じていかなくてはならなかった青春とは、一体なんだったのでしょうか・・・。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント