FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

『日本人の精神と資本主義の倫理』 茂木健一郎・波頭亮

日本人の精神と資本主義の倫理 (幻冬舎新書 は 3-1)日本人の精神と資本主義の倫理 (幻冬舎新書 は 3-1)
(2007/09)
波頭 亮茂木 健一郎

本の詳細を見る


 テレビ番組のコメンテイターも務めることがある茂木健一郎氏と波頭亮氏の対談集。かたや脳科学者、かたや経営コンサルタントという全く違うベクトルの仕事をしている両者ですが、二人のお話しはうまく噛み合い、ときに意見の相違を見せ合いながらも、うまくまとまりながら、現代日本を蝕む精神的な貧困さに話が及んでいます。戦後何度か日本は人生に対しての価値観を変えてきました。戦後の闇市の時代から、高度経済成長、バブル、バブル崩壊、そして時代は二極化へ・・・。
 この価値観の変化のたびに、我々は大切なものを一つ二つと失ってきたように思います。この本を読みますと、大切なものを失っていく過程、そしてこれから必要な心構えみたいなものを示唆してくれるように思います。(“示唆してくれるように思う”と書いたのは、本書に書かれていることを、必ずしも全てにおいて賛成できないと感じたからです。)
 価値観というものはとても曖昧で、何を大切にし、何を切り捨てるかは各個人に任されたもので、強要することはできないと思います。しかし時代の流れという大きなうねりはあるもので、そのうねりに翻弄され、正しい価値判断ができないという場合もあります。常に自分の価値観を揺さぶりながら、何が自分にとって必要なのかをみつめることが大切になるように思います。この新書は、そういった今持っている自分の価値観を揺さぶるためのいいお手本になるのではないかと思います。

 上述したように、私はこの本の対談に全て賛成するわけではありません。その一つは、専門家である職人を少し否定したような書き方があったことです。iPODの例が挙げられていますが、そこで“日本はiPODの部品を作ることはできても、iPODを生み出すことはできない(iPODのようなものを作るという発想を生み出す土壌がない)”と言うようなことが書いてあります。私はそれでいいと思いますし、それが日本の価値であると思うのですが・・・。
 と、少し思うところもありますが、総じて読みやすく、現代の日本が抱えている問題を総覧できるように思います。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント