FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

東洋医学の生体観(1) 不息(ふそく)

 東洋医学の本(日本語への訳書ではなく、原文)を読んでいますと、「不息(ふそく)」という言葉をよく目にします。
 この不息という言葉は、東洋医学における生体観、ひいては宇宙観を示す一つです。
 不息とは、“休まず動く”という意味になりますが、我々の身体は、寝ているときも起きているときも、自分の意識とは関係なく、常に動いていることを指しています。例えば呼吸にしても、血液の流れにしても、意識が寝ている状態でも、常に我々の身体は動いています。逆に、このどこかしら何かしら動いている身体の動きが止まった状態が“死”ということになります。
 これはとても単純なことで、とてもアタリマエのことです。しかし、そのアタリマエのことにこそ、生命の神秘があるのではないでしょうか。そして、そのアタリマエのことを、アタリマエと通り過ぎずに観察したことが、東洋医学の生命観の根底に繋がっていくように思います。

 患者様と接し、問診や治療を通してその方の生活習慣を教えてもらいます。食生活に気をつけて過ごしていらっしゃる方もいますし、逆に、過度な喫煙や、過度な飲酒をしている方もいらっしゃいます。身体にそういった生活の悪さが現れている場合は、過度になっている部分を減らしていただくようお伝えしますが、中には、「酒を辞めるくらいだったら、身体壊したっていいよ!」とおっしゃる方もいたりします・・・。
 東洋医学の生体観の一つである“不息”ということに思いを馳せると、我々がお酒を飲めるのも、生命があるからであり、そこには何か分らない大きな、いつもはアタリマエと思って見過ごしてしまう精妙なバランスによる営みがあります。誰にもでも備わっているこのアタリマエの営みは、ある意味奇跡かもしれません。そんな力がそれぞれに備わっています。心臓も、肝臓も、血液も、免疫も、文句を言わず常に働いてくれています。しかし、時にハードワークになりすぎて、症状という悲鳴を上げることがあります。それが病気です。そうなる前に、身体の“不息”という声無き声を感じて欲しいと思います。
 アタリマエと思っていたこの“不息”を知っていただくことで、少しは、自分の身体の力を知っていただけるのではないかと思います。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント