FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

こころを捉える(3) 

お酒のCMだったでしょうか・・・、

ソ、ソ、ソクラテスか プラトンか
ニ、ニ、ニーチェか サルトルか
みんな悩んで大きくなった~♪

と、お酒を片手にした野坂昭如が歌っておりました。。
ちなみに懐かCM特集で見たもので、リアルタイムで見た記憶はありません、ハイ ^^;
YouTubeで改めてみたのですが、かっこいいです、野坂昭如。形だけのチョイワルではなく、ほんとのワルを感じます・・・。

 こころの活動は様々で、複雑です。自分の心を制御することすらままなりません・・・。悩み多きもので、孔子にしろ、釈迦にしろ、こころの扱いをどうしたらいいのかと、人類は常に心の扱いに困っていたのかもしれません・・・。

 
 いつものように見切り発車で書き始めた「こころを捉える」ですが、昨日、一昨日と二日に渡り東洋医学的にこころを考えてみました。東洋医学では、心の統括のもと、五臓に配当されるそれぞれの働きが共同して一つのこころをつくりあげているとしています。
 このこころの成り立ちについて、一番よくまとまって書かれているのが、『黄帝内経・霊枢』の「本神」という篇です。この「本神」を基盤にしながら、東洋医学で捉えるこころのはたらきを大きく整理してみますと、以下のようになります。

心(精神活動)
(1) 思考過程 - 問題解決へ向けての思考作業
(2) 感情情動 - あることが起きた場合に、それに対するこころの動き

 このように、心が行っている精神活動は、思考と感情という二つに分けることができます。さらにこの二つの働きを、東洋医学では以下のような言葉でまとめています。

(1) 思考過程 - 心・意・志・慮・智
(2) 感情    - 怒・喜・思・憂・悲・恐・驚

 この思考過程や感情が生じるためには、昨日のブログに書きました魂と魄といった感覚器や受容としての、魂・神・意・魄・志(この「こころを捉える」シリーズの第一話参照)というものがあります。
 まず(1)の思考過程について、明日また書いてみようと思います。 
 

※ 以前表参道・源保堂鍼灸のサイト内にあるコラム『東洋医学って何?』においても、「心の動き」と題して書いたことがありますが、そちらと重なる部分もありますので、もしご興味がありましたらそちらもご参照下さい。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント