FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

牡蠣(かき)

 縄文時代の貝塚からは、牡蠣の貝殻も多く見つかるそうで、昔から牡蠣は日本人にとって馴染みの深い食材の一つだったようです。また、日本人にとってだけではなく、ヨーロッパなどでも牡蠣を使った料理は多く、世界でも親しまれる食材です。
 牡蠣は「海のミルク」とも称されるように、アミノ酸の一種であるタウリンを豊富に含んだ良質なたんぱく源です。さらに鉄分、銅、亜鉛などのミネラルも豊富です。亜鉛は新陳代謝を高め、免疫にも関係し、銅は血管や骨を丈夫にしますので、まさに「海のミルク」たる成分を具えています。
 『本草綱目』を紐解きますと、食べ方とその効能が書かれています。
 まず煮て食べた場合は、「虚損(身体の体力の減少)を治し、中(五臓)を調え、丹毒、婦人気血を解く」とあります。これは、牡蠣が持っている滋養作用を示したものです。また“丹毒、婦人気血を解く”とありますので、解毒作用があることも分かります。
 次に生で食べた場合は、「丹毒、お酒を飲んだ後の煩熱を治し、渇きを止める」とあります。これは、煮て食べた場合と重なりますが、解毒作用があることを示しています。特にアルコールの解毒作用があるので、お酒が多くなる方には、長家と共に牡蠣も召し上がるといいと思います。
 そして最後に焼いた食べた場合が載っていますが、ここには、女性のとって嬉しいことが書いてあります。そこには、「焼いて食べるものは甚だ美しい。人をして肌、皮膚を細くし、顔色を美しくする」とあります。皮膚の艶は、「そう理(そうり)」と言って、五臓六腑の調子が出るところでもあります。牡蠣を食べることで皮膚の調子が良くなるということは、五臓の調子が調うと言うことでもあります。顔色が美しくなるというのは、亜鉛、銅などのミネラル成分によって代謝が良くなり、内側からきれいになっていくことを示していると思います。

 以上のように、古来から親しまれてきた牡蠣ですが、現代的な栄養学から見ても、また、東洋医学の栄養学から見ましても、とても優れた食材であることが良くわかると思います。まだ寒い日が続きますが、牡蠣鍋などにして召し上がってみてはいかがでしょうか。

※ 牡蠣を召し上がる際は、良く熱を通して召し上がってください。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

こんにちは、苺一重さん。
牡蠣は確かに癖がある食べ物で、好き嫌いが出ますよね。ここに書いたように、『本草綱目』には各食べ方とその効用が載っておりますが、料理方法は何でもかまわないと思います。食べられる範囲で試してみてくださいね。

私はどうしてもあの特有の香りと食感が苦手で、食卓にあってもあまり食べてないのですが・・。やはり栄養あるんですね~。
頑張ってもう少し食べてみようかしら。。
非公開コメント