FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

封面設計

fumen.jpg

 これまで当院のブログで、中国は“書物の国”と称したことが何度かありました。
 今回もその“書物の国”ならではのお話しです。

 古い中国の医書を古医書といいますが、当時の原本は、貴重なもののため、博物館に収められているようなものばかりです。そこで我々は原本をそのまま印刷したものや、活字に打ち直したものなどを購入して読むことになります。原本をそのまま印刷したものはまだ古医書の雰囲気があって、読んでいて頭に入りやすいものです。しかし、活字に打ち直されたもので、特に中国で出版されたものは、簡体字という簡略化された現代漢字になっており、しかも横書きですので、どうも読みにくいところがあります。内容を吟味する前に、読むことだけで挫折することがありました。しかし、古医書でも、簡体字横書きのものしか出てないものもたくさんあります。そういったものを読むためにも、この簡体字横書きに馴れていかないといけません。
 そんな苦労がありながらも、少しずつ触れ行くことで、何度も読んでいるうちに、だんだんと馴れてくるようになり、ようやく最近は、現代中国語(簡体字横書き)で書かれたものも頻繁に手にするようになりました。
 そんなことで現代中国の本に馴れ親しんできたのですが、ひょいと裏を見てみますと、冒頭の写真のように、必ず「封面設計」という役名と名前が載っていることに気が付きました。中国人の方に聞いたわけではないので分りませんが、おそらくこの「封面設計」とは、日本で言う装丁家のことだと思います。このことに気づいて見てみると、ほとんどの中国本にはこの「封面設計」が必ずこのように裏表紙に書かれています。日本でも有名な装丁家はいますが、本の裏表紙にわざわざ名前が載ることは少ないと思います。しかも、“封面を設計する”という言葉の響きも、装丁という日本で使われている言葉以上に“書物の国”ならではのこだわりを感じずにはいられません。そして、わざわざ裏表紙に名前が載るということは、職業としての地位や名誉があるように思いますし、名前が載るということが、封面設計士としての仕事冥利に尽きるものなのかと思いを馳せたたりもします。

 現代中国語で書かれた本でも、10年前に出版されたものと、最近出版されたものとを比較してみますと、“封面設計”の様子はかなり進化しているように思います。デザインが新しく、そして、加工も凝っているものも見られるようになりました。そして、本文の紙も、以前は荒い紙が多かったのですが、最近ではきれいで長持ちする紙に変わってきています。この変化を見ることで、中国の経済的発展ぶりがよくわかるように思います。“書物の国”中国では、ますます封面設計が注目されていくのではないでしょうか・・・。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント