FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

子という字再び



 子と言う字について再び。
 『群書考異』という本があります。この書物は中国のもで、十干と十二支を解説した本です。 その本文を引用いたしますと、

子滋也,言陽氣始萌,萬物滋生於下。

 とあります。
 これを意訳していきますと、「子は滋です。陽気が萌え始め、萬物の滋が地下で生じ始めたことをいいます。」となります。
 さらに解説を加えますと、「滋」は、滋養、滋味という言葉でもわかりますように、しげる、殖える、孵化する、さかるという意味を含みます。益していく状態を指します。「子ハ滋ナリ」と言うのですから、子は益していく方向性を持った状態ということです。
 それでは何が益していくか?というとことになりますが、「陽気ガ萌エ始メル」とありますので、「陽気」が益していくことになります。どこの陽気が益すのかと言いますと、次に「萬物」と説明してあります。萬物ということは、この世にあるもの全てです。我々人間だけでなく、あまねく一切の事物が萬物です。
 そして、萬物のどこに陽気が生じるのかと言いますと、「下二於イテ」とありますので、これはまだ目に見えない地下の部分を指します。当時を過ぎて、寒の入りとなりますと、寒さが増してきます。しかし、我々の眼には直接入ってこない地下では、徐々に春に向かって動き始めている、ということです。植物で言えば、地下にあるのは根っこの部分ですが、この根っこは、少しずつ今から動き始め、春の開花・発芽に向けています。しかし、地下ですから、まだ私達の目に入ることが少ないので、光景としては寒々としたものとした印象かもしれません。

 子は滋ということで、滋という漢字を見てますと、「益す、殖える、育てる、多い、うまい味」という意味も含みます。さらにこれは「孜」という字に繋がるそうで、「つとめる、思う、厚く愛する」という意味に繋がることがわかります。こういった意味が全て「子」にも通じるということです。

 子という字から、今年の一年の方向が見えてくるように思います。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント