FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

笑顔の行方(3) 某石油会社の広告

 ある石油会社の広告に目が留まりました。
 するとそこにはこのようなコピーが。

「たった一言のあいさつで、
一日、キブンよく
過ごせたりしますよね。」
「はい、○○○○さん。
キモチのいいあいさつ、
徹底したいです。
(中略)
キモチよく使っていただき、
キブンよく出発していただくために、
笑顔を添えて、ココロを込めて、ごあいさつします。」

 このコピーを読んで思ったのは、「笑顔」も商売なんだなぁということです。あいさつも、笑顔も、本来自然なもので、お客さんだからする、何かを買ってくれたからする、という取引ではないはずです。どうして笑顔やあいさつを“改めて”徹底する必要があるのでしょうか。本来人として、笑顔やあいさつは当然なことではないかと思うのですが・・・。社内の方針として従業員に通達するならまだしも、こうして広告として宣伝するところをみると、どうも笑顔やあいさつというものがビジネスに利用されているような気がしないでもありません。邪推かもしれませんが、逆に考えると、この石油会社は、今まで笑顔やあいさつをしていなかったのでしょうか・・・。
 もちろん、笑顔や心地よいあいさつが嫌いだといっているのではありません。あくまで心の交流があってこそ、感謝の気持ちがあってこそ自然に出てくるのが笑顔であり、あいさつであると思うのです。無理やり会社の方針だから笑う、というのはちょっと違うのではないかと思うのです。

 東洋医学で見てみても、笑顔の場合、この“自然に出てくる”というところが特に大切になります。形式的な笑顔や、サービスとしての笑顔ではなく、ココロから沸きあがる喜びとともに出てくる笑顔こそ、本当の笑顔と言えます。
 果たしてこの国の笑顔はどこへ向かっているのでしょうか?

(次回につづく) 


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント