FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

伏見稲荷

 四国での出張を終えて東京へ帰る途中、京都へ立ち寄った。立ち寄った場所は京都の伏見稲荷大社である。京都には何度も足を運んでいるが、この伏見稲荷大社をお参りするのは今回が始めてであった。人づてに話は聞いていたが、予想以上に大きく、鳥居の数も半端ではなかった。鳥居の数は約一万ほどあるそうだ・・・。

 まずは正面の本殿にご挨拶をして、社務所を眺めながら奥社のほうへと足を運ぶ。千本鳥居と呼ばれる道を通っていくのだが、朱塗りの鳥居がドミノ倒しのように敷き詰められている。この鳥居のトンネルを抜けて奥社へは5分もかからなかったように思う。奥社まで来てみるとさらに上に向かう鳥居の列が伸びている。私は何も考えずにその道を歩き始めた。本殿から奥社までは大してかからなかったし、同じようにここもそんなに長くはないだろうと思い、また、せっかく来たんだから全部回らないとなあという気楽な感じで登り始めた・・・。しかし、この道は意外に長かった。小高い山をぐるりと回るように道はつながっているのだが、全部を巡ると1時間くらいはかかるものだった。そしていくつか別れる道もあったり、同じように見えるところも多く、なんだか迷子になりそうな気分だった。ところどころ大小さまざまな講(その神社を信奉する会のこと)が祀った社が鎮座する。鳥居の数も相当のものだが、この大小さまざまある社はいったいどれくらいあるのだろうか・・・。自分が所属する、あるいは自分が願をかける社を目指し、多くの人がこの山を汗をかきながら登ってきた歴史があるのだろう。
 あるところでは、今日行われたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の決勝で日本が勝つようにと、極太のろうそくが奉納され、めらめらと炎が灯されていた。

 予想以上の運動をし、下まで降りてきた。お昼を食べていなかったのでお腹が空いていた。参道にある茶屋で軽く食事をすることにした。山を登る途中、日が暮れてしまうのではないかと心配しながら歩いていたので、ほっと一息、お茶をぐいっと一気にいただいた。稲荷丼という油揚げを味付けしたどんぶりを食べて空腹を満たした。
 帰りの新幹線では、出張の疲れとこの参拝の疲れがどっと出たようで、ぐっすりと眠りについたのだった。




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

スポンサーサイト



Comment

姫路には、昭和29年にインドのネール首相から贈られてきた仏舎利(お釈迦さんの遺骨 )をまつっている名古山霊園という所があります。
良かったら、そちらにも是非、お立ち寄り下さい。

はりたろうは、迷子を鎮座しなかった。


非公開コメント