FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

星空

 今日の朝四国へ到着。バスを降りると、四国の風はひんやりとしていた。もう少し暖かくなっていると思ったが、四国もまだ寒さが残っているようだった。
 
 朝から往診し、仕事をして、あっという間に一日が終わる。

 夕ご飯をいただき外へ出ると、満天の星空が広がっていた。東京では星があまり見れない。星が見えないことに慣れてしまい、夜空を見上げる事もなくなっていた自分に気づいた。

 北斗七星やカシオペアが夜空を巡っている。その昔、弘法大師は四国・高知の海岸近くの洞窟で行をしているときに、星が自分の中に入ってきたのを感得し、広がる海を見て、空海と自らを号したという。それからここ四国には八十八カ寺が定められ、お遍路さんという巡礼の旅が始まった。空海のような名のある僧も、そして多くの無名の巡礼者もまた、この夜空の星を見上げては、己の業の深さを感じたり、自然の偉大さを感じたり、さまざまな思いをもちながらお遍路の道を歩き続けているのだろう。

 私もかつて大学時代にお遍路をオートバイで回ったことがある。正確に言えば、最初の年は歩いて途中まで回ったのだが、台風の到来と夏休みの終わりとともに断念した。そして翌年オートバイの免許を取って再度挑戦し、満願を果たした。
 バイクや車で回るのを邪道というむきもあるが、それでも「同行二人」の言葉は活きている。同行二人とは、お遍路の巡礼をしている人には常に空海がそばについており、一緒に行をしているという言葉である。時代は移り、歩き出回る人だけでなく、私のようにバイクで回る人もいるし、団体でマイクロバスで回る人など、それぞれのスタイルでお遍路さんは行われている。しかし、どんなスタイルであっても、この「同行二人」は常に活きている。私自身も、このお遍路さんを通してさまざまな場面に出くわし、その度に学ぶ事が多かった。最初の年に歩きで回る事を自然の力で遮られたり、道に迷って一山分歩いたり、バイクを止めておいたら倒されてクラッチレバーが折れたり、それが直ったと思ったら再び倒されてキャブレターが壊れたり、そしてそれらを修理してくれた人々との出会いなど・・・。またあるお寺で御朱印を書いていただいているときに、そこのご住職であろうお方がお寺の土地の売却話を進めて視線をちっとも合わせてくれなかったり、その一方で若いのにようやっとると励ましてくれた方がいたり・・・。お遍路の旅は人生の縮図と称されるが、まさにそんな感じでいろいろな場面を見せていただいた。
 満願をし、そのお礼参りに高野山の空海の廟に行った。二年越しでようやく終わった巡礼もこれで一区切りが付いたとほっとした気持ちで空海の廟の前に立った。そして般若心経を唱えた。予期せぬ感情がこみ上げてきた。その感情は何がなんだかわからないものだったが、とめどなく次から次へと涙があふれてきたのだった・・・。




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

スポンサーサイト



Comment

非公開コメント