FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

黄帝について

koutei.jpg

黄帝像 

 このブログでもたびたび出てくる『黄帝内経(こうていだいけい)』という書物。この書物は、東洋医学の原典であり、ほぼ全ての古医書のルーツであります。
 この『黄帝内経』という書名にある「黄帝(こうてい)」とは、人物の名前です。その姓を周といい、軒轅(けんえん)氏または有熊(ゆうゆう)氏とも称される方で、中国という国の大本を作ったルーツの一人とされています。夏王朝の前の五帝時代の一人です。その業績などから想像されてきたイメージは、冒頭に掲げました画のような感じです。
 中国最古の正史である『史記』を書いた司馬遷は、この黄帝を含む五帝時代は実際の人物であるとして、ここから書き始めていますが、実在の人物であるというよりは、伝説上の人物であり、その時代を象徴する代名詞的な存在というのが現在の見解です。この五帝時代は、農業を始めとする生産技術が飛躍的に向上し、武器や車輪が発明されるなど、様々な進歩発展がありました。このような進歩発展の姿を、偉大な時代として讃えるために、黄帝という架空の名称を付けたのかも知れません。中でもこの黄帝は、「黄」という中央の色がつけられているので、最も功績のあったという意味を含んでいます。
 東洋医学の原典である『黄帝内経』もまた、この伝説上の黄帝の名前を冠しているのですから、最も古く、最も権威のある医学書として受け継がれてきました。その『黄帝内経』を多くの医家が注釈をつけ、そしてまた現在も我々がそれを読み・・・。時代は繰り返されていますが、見つめる先にある人体の構造もまた、ずっと変わらず同じように営まれています。だからこそ、この『黄帝内経』を基にした東洋医学もまた、現在に生きているのだと改めて思うのでした。
 


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント