FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

stomach is so crazy

アー・ユー・エクスペリエンスト? アー・ユー・エクスペリエンスト?
ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス (2006/06/21)
ユニバーサルインターナショナル
このCDの詳細を見る

 患者様で、イギリス出身の外国人の方がいらっしゃいます。服のデザインをしております。私は服のデザインのことはよく分からないのですが、この方がデザインしているのはモッズ系(?)のファッションです。モッズ故に、“ロック”の雰囲気があります。

 先日この患者様を治療をするときに、胃腸の辺りが張っていたので、私は思わず

“stomach is so crazy”

 と英語でお話しをしました。

 このフレーズ、実はジミ・ヘンドリックスの『FIRE(ファイヤー)』という曲に出てきます。
 患者様に胃の調子が悪いことを伝えるために、ついこのフレーズが出てきてしまったのでした。

 『FIRE』が入っているアルバム『アー・ユー・エクスペリエンスト?』ですが、これはジミ・ヘンドリックスのデビュー・アルバムです。あの奇妙な音のフレーズから始まる『PURPLE HAZE(邦題:紫の煙)』がアルバムの冒頭の曲であり、この奇妙な音のフレーズでのっけから頭をガツンとされます。このアルバムは、デビュー作にしてすでに金字塔。ロックの記念碑的作品であります。
 この『アー・ユー・エクスペリエンスト?』を聴いたとき、私はこの『FIRE』が一番かっこいい曲と思ったのですが、何度も聴いて耳が慣れてきたときに、「ん?今なんて言った?」とふと立ち止まるところがありました。そこで歌詞カードを開いてみたところ、やはり耳に入ってきた通り、“stomach is so crazy”とありました。これは私にとってかなりの衝撃でした。これを日本語で歌ったとしたら、文字通り“胃が狂ってるぜ~”ということなのでしょうが、このような歌詞を日本語で聴いたことがないので、こんな歌詞をロックで歌ってしまうジミ・ヘンドリックスにかなり衝撃を受けたわけです。少なくともオリコン上位に出てくるような曲にはないだろうと思います。そして、歌詞カードでこのフレーズを確認した後、“きっとジミ・ヘンはかなり不健康だったんだろうな~。ギターの弾きすぎで食欲なかったのかな~。”などと、勝手に、若くして亡くなったギターの神様に思いを馳せながら、歌詞カードを手にしてこのCDを聴きました。
 そんな衝撃もあり、このフレーズが頭に残っていたために、つい口に出てしまったようです。
 『FIRE』は激しいロックです。ジミ・ヘンドリックスのギターはもちろん、ノエル・レディングのベース、ミッチ・ミッチェルのドラムも最高です。
 スタジオワークの演奏も素晴らしいのですが、さらにおすすめはウッドストックのライブです。
 この演奏の映像を見ると、ジミ・ヘンドリックスの、自分の演奏についてこない他のメンバーへの苛立たしさをうかがうことができます。その激しい顔を見ると、さぞかしジミ・ヘンドリックスは相当に“stomach is so crazy”だったんだと思います。

 イギリス人の患者様は、ロックな人なので、ジミ・ヘンドリックスも好きだと思いますが、私が伝えた“stomach is so crazy”が『FIRE』からのものだと気がついたかどうかは定かではありません。しかし、私が“stomach is so crazy”と伝えると、「ほんとですか?」と苦笑交じりに日本語で答えてくれましたので、言わんとしたことは伝わったようです。
 さすがにロックなイギリス人の患者様とはいえ、ジミ・ヘンドリックスをBGMにするには激しすぎますので、ビートルズをかけています


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

こんにちは!

ハリえもんさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。映像を観ると、ジミヘンのでかい手がまるで蜘蛛の足のようですよね。
スライとジミヘンの競演、観てみたかったです・・・。
またコメントお待ちしております。

追伸
ちなみに清志郎のホームページの名前は『地味変』です。

じみへん

ジミヘンはまさに革命児!
スタジオでの実験的かつサイケデリックな音像も良いが、
やはり本領はライブですね。
ジミヘンにはブートも含めて様々なライブ盤が存在しますが、
そのどれもが聴き所があるアーティストはそうはいません。
さらに映像付きは聴いてビックリ見てビックリ。
アレを弾きながら歌っちゃってるんだからね~
しかも手のデカイこと!
まさにギターを弾くために生まれてきたのでしょうね。

惜しむらくはその早過ぎた死。
晩年はトラフィックとのセッションなどもあったし、
なによりジミが死んだ日にはスライとのセッションが
約束されていたとか。
スライとジミヘンの共演はぜひ聴いてみたかったな~

非公開コメント