FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

東洋医学の「脳」の位置づけ(3)

 東洋医学というわけではありませんが、我々が使っている日本語には、身体と心の関係を表した言葉がいくつもあります。
 例えば、恋をしたときには“胸がときめく”といいますし、楽しいことを前にしては、“胸を躍らせる”と言ったりします。他にも悲しいときも、“胸を悼める”、ほっとしたときには“胸をなでおろす”など、その表現は様々あります。“こころが痛む”とき、我々は自然と胸に手を置いたりします。
 一方、脳を使った言葉としては、脳を頭と言い換えてみると、ある大きな問題に“頭を抱える”などがありますが、他に感情的なものとしては、“頭にくる”、冷静になるときには“頭を冷やせ”と言われたりもします。しかし、この感情的な面を表す“頭にくる”“頭を冷やす”というのは、どちらかというと逆上して上に上った血液の興奮を言い表したもののようで、脳と関係するようなものではないように思います。
 脳生理学者の見解で考えると、“胸を躍らせる”“胸を悼める”といった心身の表現も、結局は脳の中での動きに過ぎないという・・・。

 かなりの高次の精神活動のうち、脳が関わる部分は大きいでしょう。
しかし、我々が使っている心身を表す多くの表現を見るにつけ、脳がどこまで我々の心身を支配しているものなのかわからないのではないでしょうか。“心が痛くなる”とき、我々はそっと胸に手を置きます。頭を押さえる人は少ないのではないでしょうか・・・。
 人間の心身をトータル的な、全体の視線で見つめた場合、その活動を脳だけで解明しようとするのは難しいことではないでしょうか。
 東洋医学では、各臓器に感情や、魂魄などの精神活動を振り分けています。脳が心身の中心ということではなく、腹に納まっている五臓六腑のはたらき全体によって湧き上がる感情や精神活動といったものが、本当の意味でのその人の能力ということになると、東洋医学では考えています。

 このあたりを『バカの壁』で養老孟司氏は、第2章の最後に
「人間はどうしても、自分の脳をもっと高級なものだと思っている。実際には別に高級じゃない、要するに計算機なのです。」と、脳のはたらきを端的に述べてます。



東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

スポンサーサイト



Comment

非公開コメント