FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

東洋医学の「脳」の位置づけ(1)

 昨日のブログでは、養老孟司氏の『バカの壁』を読み始めたと書きました。 自分の中に以前あった「脳」というものへの好奇心と、自分の今の仕事から見た「脳」への理解との差を確かめるといったものから、この本を手にしました。

 それでは、今の仕事、つまり鍼灸、東洋医学という立場では、この巨大な小宇宙・脳とはどのような位置づけになっているのか、それを考察していきたいと思います。

 まず、東洋医学の臓腑論というものがあります。
 東洋医学の臓腑論とは、いわば身体の解剖学と生理学を併せたもので、身体の内蔵の機能・形態を陰陽五行という東洋医学独特の身体観で分類したものです。
 この臓腑で分けますと、以下のように内臓を分けることが出来ます。

臓: 肝臓・心臓・脾臓・肺臓・腎臓
腑: 胆嚢・小腸・胃 ・大腸・膀胱

 この臓腑は表と裏の関係にあり、たとえば、肝臓と胆嚢、心臓と小腸のように一つのセットとして組になっています。

 この臓腑の中に「脳」はありません。
 では、脳はどこに分類されるかというと、「奇恒の腑(きこうのふ)」というものに入ります。この奇恒の腑とは、臓腑が表と裏で一対であったのと異なり、単独で機能を果たすという特徴があります。奇恒の腑に含まれるものは、脳の他に、髄、骨、脉、胆、女子胞があります。
 臓腑は表裏、陰陽という関係と五行というシステムの中で、お互いに関連しあっています。一方の奇恒の腑はそのシステムとは別に、単独に存在しています。
 しかし、別のシステムだからといって、臓腑と奇恒の腑が全く別物かと言いますと、そうではなく、臓腑の栄養供給によって奇恒の腑は正常な働きを行うことが出来、また奇恒の腑が正常に働くことによって、臓腑もまた調和の取れた活動を行うことが出来る、といった相互扶助の関係があり、それらが一体となって統一的な身体の働きが行われています。

 そして「脳」ですが・・・。

 本日もまたまた前置きが長くなってきましたので、明日に持ち越したいと思います。どうか明日も、よろしくお願いいたします。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

スポンサーサイト



Comment

非公開コメント