FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

『アイデン&ティティ―24歳/27歳』 みうらじゅん

アイデン&ティティ―24歳/27歳 アイデン&ティティ―24歳/27歳
みうら じゅん (1997/11)
角川書店
この本の詳細を見る

 昨日のブログでみうらじゅん&いとうせいこうの『見仏記』シリーズを書きましたが、今日はみうらじゅんつながりで、みうらじゅんの『アイデン&ティティ―24歳/27歳』をご紹介します。

 アイデンティティー(identity)という言葉を辞書で調べますと、「自己同一性」と書かれています。
 中学生の頃だったでしょうか、英語の問題を解くときにidentityを辞書で引きました。しかしそこに書いてある「自己同一性」というのを読んで、さっぱりとその意味が通じません。意味を調べるために辞書を引いたのに、その意味が全く通じません。もしかしたら辞書が間違っているのかもしれないと思うくらいでした。
 そしてその数日後、父親に、「おい、identityってどういう意味だ?」と聞かれましたが、分かったような分からないような気分で、とりあえず「“自己同一性”っていう意味だよ」と答えました。父親は「それじゃわかんねえだろ。」と聞き返してきましたが、私自身理解していないので、それ以上答えることも出来ないので、「だから、自己同一性だってば。」と同じ事を繰り返してその場を濁しました。
 それからというもの、identityという言葉を見るにつけ、聞くにつれ、一体「自己同一性」とは何だろうと自分に問いかける日々が続きました。テレビ朝日の『朝まで生テレビ』などを観たときも、「○○としてのidentityは・・・」とパネリストが話しているを聞くと、ただただ“自己同一性”という言葉だけが逡巡していきました。
 そしていつの頃からか、identityの意味がわかるようになりました。しかしそれは、“自己同一性”という単語を頭で理解したのではなく、様々な経験をつんでいく中で、肌でその言葉の意味を実感して分かったように思います。

 このみうらじゅんの『アイデン&ティティー』は、帯にもありますように、「本物のロックを探す」ロックグループが、自分の目指すロックを探しながら、自分自身を探す物語です。情けない思いをしたときも、くだらない経験をしたときも、いつもボブ・ディランやジョン・レノンが現れて、自分自身を探すための啓示を授けてくれます。そして自分が愛する恋人もまた、自分を守ってくれる大きなグレートマザーとして存在している・・・。
 自分の思いを貫くとき、時に周りと衝突を起こしてしまうことがあります。しかし、その衝突を避けて自分を曲げてしまっては、自分自身を探すことは出来ない・・・。時には失敗することで、情けない思いをすることで自分自身を見出すことも多いのではないでしょうか。
 この物語を貫くテーマを象徴する言葉、

「やれることをやるんだよ、だからうまくできるのさ」

というのは、いつも自分を勇気付けてくれます。物語の主人公は20代ですが、いつになってもこの自分探し、つまりidentity探しは続くのでしょう・・。
 自分自身を探し続ける方へお勧めの一冊です。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング


(参考)
 この物語は何年か前に映画化されました。みうらじゅんがミュージシャンと対談した対談集『酒場のロック』では、みうらじゅんは真心ブラザースの倉持陽一氏に、「アイデン&ティティの映画化をしたときには、ぜひ主人公を演じて欲しい」と口説いていました。この対談後に実際に映画化されましたが、もし倉持陽一氏がやっていたら、より見たい映画になったのかなと思ったりもしますが、結局私はその映画をまだ観ていません・・・。
飲み屋のロック 飲み屋のロック
みうら じゅん (1997/10)
ソフトバンククリエイティブ

この本の詳細を見る
アイデン &ティティ アイデン &ティティ
峯田和伸 (2004/08/27)
東北新社

この映画の詳細を見る
スポンサーサイト



Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント