FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

「病」という字



 「健康」の反対語に、「病気」という言葉があります。
 この「病気」は、「気ヲ病ム」または「病ンデイル気」と漢文読みをすることができます。
 それでは、「病ンデイル」状態とは一体どのようなことなのか?この「病」という字を紐解いてみたいと思います。

 「病」の字の中には「丙」という字があります。この「丙」という字は、甲・乙・丙・丁・戊・・・・と続く十干(じゅっかん)の「丙」のことで、これは日本語で「ひのえ」と読みます。
 十干の説明をすると長くなるので、今日はこの「丙」にのみ絞って書きますが、この「ひのえ(丙)」は、漢字で書きますと「火の兄(陽)」となります。
 東洋思想では万物を木・火・土・金・水という五行に分類するのですが、そのうちの火に配当される十干が「丙」と「丁」です。
 「丁(ひのと)」は「火の弟(陰)」であり、「丙」は、「火の(陽)」です。「丙」「丁」とも同じ火に配当されますが、「丁」はろうそくの灯りのような火を指し、「丙」は太陽のような明るい火を指しています。五行の中で火は陽の性質を現しますが、「丙」はその火の中でもさらに陽の性格を持っているので、五行の中でも最も明るい性質を持っています。
 つまり、このことからも分かるように、「丙」というのは太陽のような明るい火ですから、“壮んな様子”“輝く様子”を現す漢字です。
 そしてその「丙」にかかる部首は「疒(やまいだれ)」です。この「疒」は、“寝台に人が病気や苦痛で伏せている”状態を現す部首です。
 以上のことから、「病」という字は、“壮んな状態・健康な状態”が“苦痛で伏せてしまっている”様子を表現しています。
 病気になると、元気な壮んな様子は影を潜めてしまいます。そのような状態をこの「病」という漢字は端的に示しています。
 この「丙」が現す明るさとは、公明正大さや、周りを明るくするような雰囲気も表しますので、単に肉体的な壮んさだけではなく、心や精神状態の明るさも含まれると思います。
 今一度この「病」という字を紐解いてみると、対峙する「健康」な状態も見えてくるように思います。身体だけでなく、精神的な健康も含めて、この「丙」の意味する状態を維持していきたいものだと思います。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント