FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

単刺か?置鍼か?

 今日は単刺と置鍼の違いについてです。

 鍼をすでに受けたことがある方は、鍼を刺したまま放置されたことがほとんどではないでしょうか?鍼を刺さしたまま10分から20分くらい寝かされ、しばらく放置される。そしてタイマーが時間が来たのをお知らせすると同時に先生がやってきて鍼を抜いてくれる。仰向けの状態が終わったら次は背中に鍼を刺してまた放置されること20分・・。このような鍼を「置鍼(ちしん)」と呼びます。この置鍼ですが、本来の鍼灸術ではありません。これは経営上の問題や、パルス鍼のように電気器具を使うようになった頃から始まったもので、それがいつの間にか一般化してしまったものです。この置鍼の普及により、本来の鍼灸術は失われたともいえます。
 といいますのも、鍼を刺して放置してしまっては、身体の変化を観察することが出来ないからです。鍼を刺して経絡が作動しますと、身体は変化をします。その変化を見ながら鍼の加減を手によって行なうことが鍼灸治療には大切なのですが、いくつもの鍼をいっぺんに身体に刺してその状態で放置しては、その変化を見失い、どの鍼がどのように効いたかということを把握することが出来ません。把握することが出来ないということは、術者は鍼の効果をつかめないわけですから、メリハリの利いた効く鍼をうつことができません。鍼灸治療は患者さんの状態に合わせたオーダー・メイドな治療といいながら、鍼を刺したままどの患者様も同じ時間裏表寝かせているのでは、患者さんの状態を無視した画一的な治療で、オーダー・メイドではありません・・。

 一方当院で施術する鍼治療は、「単刺(たんし)」と呼ばれるもので、一本の鍼を使って、必要なツボへ的確な刺激量刺してものです。これは全ての患者さんによってそのときのその状態に合わせて治療して行きますので、まさにオーダー・メイドな治療となるのです。

 もし新しく鍼灸治療をお受けになることをお考えの場合、お電話でお尋ねする時に、「単刺(たんし)」なのか「置鍼(ちしん)」なのか、その治療院にお聞きするのは、治療院選びの一つの基準になるのではないでしょうか。

 この「単刺(たんし)」については、当院ホームページ上のコラムにも書いてありますので、どうかそちらもお読みください。
 → コラム『東洋医学って何? 「はり一本」』


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント