FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

脈診の心得 心を静かに・・・

 私は、鍼をするときはなるべく静かにしております。

 もちろん患者様とお話しが出来ることは楽しいので、こちらもついついお話をしてしまうことがあるのですが、基本的には静かにしており、こちらから話しかけることはなるべくしないようにしています。

 といいますのは、脈診はとても微妙なものなので、特に脈を診るときは大切です。

 こちらはとある古医書の一ページ。

 以下のように脈診の心得が書いてあります。

 一から三までみてみましょう。

脈診の図 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛など

(一) ソノ心ヲ静カニ ソノ神ヲ存ス

【意訳】心を静かに定めて、神気(ここでは指先の感知力)を指先に集中させよ。

【解釈】心がざわついていては、指先からの感覚が伝わってきません。そこで先ずは、自分の心を安定させることが大事です。東洋医学では、「心は神を蔵す」という言葉があるように、心臓に精神の主宰者がいると考えています。例えば緊張したときは心臓がドキドキしますが、このような動揺があるときは、なかなか精神が安定することは難しく、結果もついてきません。さらにもう少し突っ込んで言えば、ここにある「神」とは、「神気」というもので、体制感覚と呼ばれる皮膚感覚、センサーのことを指していると考えられます。

(二) 外意ヲ忘レテ 思慮ヲナクス

【意訳】外へ意識を忘れて、思慮をなくせよ。

【解釈】「外意」とは、外のことに惑わされる意識のことを指します。良い匂いがするなぁ、巨人戦が気になるなぁなど、自分の外側にある余計なことで気をとられてしまうことです。こういった余計なことがあっては脈診に集中できません。そこで外意を忘れる必要があります。次の「思慮」は、自分の心から生じる内面の意識で、取り越し苦労など余計な心配や、考えすぎてしまうことを言います。また、自分の側にその脈に対する偏見があったりすると、脈を上手く取り入れることが出来なくなります。(一)が指先のセンサーであるのに対し、(二)は、センサーが感じ取った情報を素直に通していく伝達路と、それをそのまま書き込むハードディスクと言ったらいいでしょうか。データの取りこぼしがなく、データが誤らないように、指先の感覚を安定して頭に伝える必要があります。

(三) 呼吸ヲ均シクシ ソノ気ヲ定メル

【解釈】(施術する側の)呼吸を調えて、その気を定めるようにする。

【解釈】 呼吸を調えることは、(一)と(二)の結果でもあります。そしてさらにその状態を安定させるために呼吸を改めて見直すことが大事になります。


 脈診はとてもデリケートなものです。心に動揺があると、脈診の精度が落ちてしまいます。名人の域に達すれば別なのでしょうが、まだまだ、なかなか、そうもいきません。

 
 普段私が臨床で使っている脈診という技術には、このような心得があります。

 特に脈を診るときは患者様との会話が止まってしまったり、言葉がつっかえるときがありますが、これは情報を解析している状態で、とっさに右脳と左脳の切り替えが出来ないためであります。不快な印象を与えてしまっていたとしたら、お許しくださいませ。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ はりきゅう肩こり・腰痛・頭痛・生理痛など

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキングにほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ




 
スポンサーサイト



テーマ:鍼灸
ジャンル:心と身体

Comment

非公開コメント