FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

夜行バス

四国への行き来は、夜行バスを使うことが多い。
新宿-高松間もしくは、渋谷-神戸(神戸からは高松行きのバスに乗り換え)間に乗ることが多い。
今回の出張も往復夜行バスを利用し、今朝朝一番に帰ってきた。
各席独立しており、後ろに倒すことが出来るリクライニングシートだが、そうはいってもバスはバス。やはり狭い。身体が小さい自分にとってはまだいいが、大きい人ではリラックスするのが難しいのではないだろうか。今回のバスは暖房が効きすぎていて、少し寝苦しく、もう少し快適にならないものかと思った。
しかし、ふと10数年前、大学生だった自分がインドやネパールなどを旅していたときのことを思い出した・・・。

インドを旅行したとき、長距離の移動は鉄道かバスに頼った。鉄道も日本の電車に比べたらかなり揺れるが、寝台は横になれるし、シートもゆったりとしていた。
しかしバスはそうはいかない・・・。バスはたいていTATAというインドの自動車会社製のものが多く、加速は悪く、車体の揺れもひどい。そして冷房はもちろん入っていないし、バスは何年も酷使されたものばかりで、シートも中のものが飛び出しているものが多い。もともとシートのスポンジも性能がよくないので、さらに座り心地は悪くなっている。そのバスに加えて、道路事情がさらに悪い。アスファルトで舗装されているところはまだよく、砂利道やえぐれて大きな穴になっているところも多かった。
しかし、一度乗ればとりあえず目的地までは着くことが出来ると、長距離のバスを利用したことがしばしばあった。中でもネパールのポカラから国境沿いのバイラワ行き、またバイラワからガンジスのほとりのベナレス行き、そしてハイダラバードからゴア行きのバスはなどは特に思い出深いバスだった。ポカラからバイラワ行きのバスは舗装されていない細い山道を下っていくのだが、途中黒焦げになったバスが放置されているのを眼にしたこともあった。ハイダラバードからゴア行きのバスは夜行を使ったのだが、とにかくジェットコースターのような勢いで飛び跳ねたりして、とても寝ていられるものではなかった。ゴアでバスを降りたとき、乗客はまるで戦友のように握手しながら無事を確かめ合ったりした。
そんなインドのバスに比べたら、日本の夜行バスはトイレも完備しており、とても快適でとても楽チンなのだが、どうもそれに馴れてしまったのか、辛いところばかりを感じるようになってしまった。
大学時代のようにもう体が若くないということもあるかもしれない。しかしそれだけではなく、自分の中の気持ちの問題もあるだろう。
インドのバスに乗っているとき、全ての場面を一つ一つ記憶にとどめようと、好奇心の眼を持ってバスからの風景を追っていた。今でもまぶたを閉じると、あの時見た風景が目の前に一杯広がっていくのだった・・・。




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキングにほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ



スポンサーサイト



テーマ:日記というか、雑記というか…
ジャンル:日記

Comment

非公開コメント