FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

チャレンジ精神と下山の思想の狭間

 2013年5月23日、プロスキーヤーで冒険家の三浦雄一郎氏が、エベレストへの登頂に成功し、現在のところの世界最高齢登頂記録を樹立しました。最近はいいニュースがないからか、これはこれですごいことなのか、私には登山のことはよく分からないのですが、大きくニュースにも取り上げられていました。「80歳、すごいなぁ。」と素直に思いました。

 しかしその後、下山中に体調を崩し、雪崩の危険もあったと言うことから、標高5300mのベースキャンプまではヘリコプターを使って移動したというニュースも流れた。標高5300mのところにベースキャンプがあるというのも驚きでありますが、でも、下山することは登頂記録と関係ないのかな?と疑問がわきました。自身もエベレスト登頂記録を持ち、現在はエベレストのゴミ拾い活動をしている登山家の野口氏は、それでも「登頂成功」とツイッターでつぶやいたとか。しかし野口氏は、タレントのイモトアヤコさんのマッキンリー登山後のヘリコプターでの下山は批判したという・・・。

 80歳の日本人がエベレスト登頂に成功したということは、素直に歓迎したい。この歓迎ムードに水を差すつもりは毛頭ありません。


 しかしどこか引っかかる・・・。

 卑近な例かもしれませんが、小学校の遠足の時、担任の先生からは

 「家に帰るまでが遠足です」と言われたものとしては、どこか引っかかる。



 それとも、五木寛之氏の『下山の思想』という本を読んだからなのだろうか。



下山の思想下山の思想
(2013/04/19)
五木寛之

本の詳細を見る


 『下山の思想』のなかで五木寛之氏は、タイトル通り、頂点に達した後の山の降り方を説き、成熟社会の向かうべき道筋を語っています。戦後、日本は高度経済成長を遂げて、日本製品、日本社は世界を席巻してきました。しかしその後の停滞ぶりを考えると、そろそろわれわれは山を下りる時期に入ったのではないか、だとすると、上手に山を降りていかなくてはいけない、そんなことを五木寛之氏は語っています。

 三浦雄一郎氏のように、頂点を目指すこと、それ自体はとても素晴らしいと思います。しかし、それは周りの助けがあってのことであって、ある面では助けよりもさらに過酷な犠牲に強いていることもあるかもしれない、という事情も考えないといけないのかもしれません。おそらく三浦雄一郎氏のエベレスト登頂には様々なスポンサーが付いて、利権も絡んでいるのでしょう。そういうことを考えると、何も頂点を目指すだけが中高年への勇気を与えることではないような気もするのですが・・・。

 といいながらも、しかし若者に対して『下山の思想』を読みなさいという気持ちにもなれないのです。若いときには若いときの野心や向上心を持つべきであって、いきなり下山を勧めるなんていうのはあり得ません。間違ってはいけないのは、あくまで下山は頂点を達成した後のお話しであって、頂点までの過程ではありません。

 私はまだ鍼灸という高い山を登り切ってはいません。頂上は遙か雲の上にあるような、すこしだけ頂上が見えてきたような、ようやくそれくらいにはなったのかなと言うところかもしれません。さて、私はまだまだ頂上へのアタックをし続けなければならないのであります。



東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ はりきゅう肩こり・腰痛・頭痛・生理痛など

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキングにほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ




スポンサーサイト



テーマ:本の紹介
ジャンル:本・雑誌

Comment

非公開コメント