FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

晩節を保つ (2)  - 『楽訓』 貝原益軒著より

晩節を保つ (2)    『楽訓』 貝原益軒著より

【本文】
淵明(えんめい・陶潜・六朝時代、晋の詩人)が「いささか化(死滅)に乗じて、尽るにかえらん、彼の天命を楽しんでまたなにをかうたがわん」というのは、尽きるものは尽きるがよい、くよくよすることはないということである。また「朝に仁義と生くれば夕に死すとも又何をか求めん」ともいった。まことに達人の言葉である。曹子健(そうしけん・曹植・三国時代、魏の詩人)の詩にも「先民誰か死なざる、命を知りてまた何をか憂えん」とある。まことに古から死なない人はいない。天命を知らないで天運に任せようとしなかったら、悲しみは多かろう。」平生のよい人も終わりをよくしないのは、一生の勤めがむなしくなったことで惜しむべきである。晩節を保つ個とを心にかけないといけない。



 “尽きるものは尽きるがよい”というのは、何とも潔い。

 “まことに古から死なない人はいない”というのも、何とも簡潔。

 法事に出席して、自分の知らないそれほど遠くもない先祖のことを思うとき、そしてその先祖を知っている存命の方の顔を拝見したとき、そこにはかつてほどの悲しみはない。むしろこうして自分たちが生きていることの感謝の気持ちと、あんなこともあったなぁと先祖へのなつかしい思い。そしてさらにその命を受け継ぐ孫たちの無邪気にはしゃぐ姿。
 こうやって命はリレーされていく。それは命の定めであります。それを受け入れることは厳しい現実なのですが、それでも生きていかなくてはいけない、そいうった一連の輪の中で私たちは生かされているのかもしれません。

 今年(2012年)、京都大学の山中教授のiPS細胞の研究がノーベル賞を受賞しました。世間は若い研究者のノーベル賞の受賞に賞賛の声を与え、産業界や政界もこぞって研究費用を上乗せする発表をしました。まさにこれで全ての病気が克服され、そしてこの技術とその取り巻く産業の活況によって不景気も克服できると手放しの喜びようです。
 しかしその活況に水を差すつもりではありませんが、現実の生活に即して、どんなことが起きるのかと言うことも、医療の倫理として考えておく必要があるのではないかと、私は思いました。たとえば自分の悪くなった臓器をまるごと入れ替えることにまでなったとしたら、ひょっとしたら普通に100歳まで生きることになるかもしれない・・・。もしもそんなことになったら・・・?

 それはずっと先のことかもしれませんが、しかし、そういうこともありえる、そういう想定の下で技術を考えていかないと、暴走してしまっては遅いかもしれません。

 命の循環ということを考えることは、自分の存在を考えること。そして“今”、何が出来るかと言うことに繋がるのではないかと思います。








東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキングにほんブログ村 健康ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ



スポンサーサイト



テーマ:よく生きる
ジャンル:ライフ

Comment

非公開コメント