FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

気について(2)

 昨日は「気」を「はたらき」「動き」「機能」という言葉で分りやすく言い換えました。もちろん、話をわかりやすくするためのもで、「気」と言う言葉のもつ意味は、もっともっと大変深いものがあることは理解しておいてください。
 
 本日は、この気の思想を、私なりにスポーツ観戦に応用してみたいと思います。ここでの「気」とは、昨日のブログで述べました鍼灸医療の臨床的な「気」という狭い意味ではなく、自然を捉える時の大きな視点という、広い意味での「気」のお話になります。

 先月までドイツで熱い戦いが行われていたサッカー。残念ながら日本は予選リーグ突破ができずに終わりました。ジーコの采配、ここのフィジカル的なこと、専門的に見ますといろいろと問題点も多く、今後の日本サッカーの問題点が浮き彫りにされたといわれています。私はサッカーはテレビで観る程度ですので、そのような専門的なことはほとんど分りません。ここでは「気」という視点でサッカーを対極的に見てみたいと思います。
 まず端的に、「気」の思想から考えて見ますと、あのサッカーで使われるボールは、目に見えない「気」というものを、目に見える形として表現したものといえます。最近のサッカーはシステムがかなり研究されているといわれていますが、このシステムも、結局のところボールと言う「気」をいかに上手に操ることができるか、と言うことに尽きると思います。
 道教のマスター(道士)は、「気」と言うものを自由自在に操ることができるといわれていますが、サッカー選手は、この道士と同じように、ボールという「気」を巧みに操ることができる人たちです。そして、「気」の流れを自分のチームに優位なように向けるようにしていくと、「気」であるボールはゴールへ吸い込まれていきます。

 例えば道教のお話でこんなお話しがあります。
 大きな河が前日の大雨で濁流になっています。その濁流を前に、壮健な男性と老人がいます。
老人はこの男性に向かって、
「お主にこの濁流を渡ることができるかな?」と話しかけました。
屈強な肉体を誇示し、泳ぎにも自身のある男性は、
「私にとってこれくらいの流れはなんともありませんよ。簡単に渡ることができますよ。」と強気の発言をした。
そこで老人は、
「ならば渡って見なさい・・・。」と言う。
「わかりました。おじいさん、見てなさい。向こう岸まですぐに泳ぎ渡ってみますよ。」と言って、男は濁流に飛び込みました。
しかし、男性は威勢のいい言葉とは裏腹に、どんどんと濁流に飲み込まれ流されていきました。それを横目に老人は濁流の流れを読みながらやすやすと向こう岸まで渡りきったそうな。老人は息も切らさず、衣服も濡れていなかったといいます・・・。

 これはあくまで逸話であり、道教の本質を教えるための物語です。しかしこの逸話を読んでみましてもわかりますように、「気」を読むということは、「流れ」を読むことであります。そして、「流れ」を読むことができると、目的を達成するには努力感がなく、するするっと達成できるものなのです。「気」の流れを読み、そしてその「気」を操ることはそう簡単にできることではありません。しかし、その「気」という動き、流れをうまく掴むことができたとき、自分でも予期しないほど簡単にことがうまく運ぶことは日常生活でもよく経験するところです。

 この逸話を基にサッカーを観戦してみますと、点が入るときと言うのは滞りがありません。サッカーの場合点があまり入りません。つまりいつも「気」の流れは滞りがちで、そう簡単には点が入らないようになっています。しかし、ボールがゴールに吸い込まれるときは、それまでの膠着状態が嘘のようにすっきりと点が入ります。あの流れを見ていますと、ゴールが決まる一連の流れは、すでに最初からあったゴールへのタオ(道)をうまく見つけ出したもののように思えます。逆にいえば、どんなに優秀なファンタジスタがきれいにシュートを放っても、「気」の流れを読めきれいていないときは、必ず途中でボールの流れがつぶされてしまいます。

 ワールドカップに参加した各国には、それぞれ国のカラーがあります。ブラジルのように個人技を中心にした国や、守りに重点を置いたイタリアなど、それぞれにカラーがあります。この国のカラーは、「気」(サッカーボール)を巡らせる視点の違いではないでしょうか。私もテレビで日本の試合を見ましたが、今回の日本のチームは、「気」を扱うためのコンセンサスがうまくできていなかったように思います。流れを無視したシュートや、道を読みきれないパスなどが多く、次第次第に流れから外れていったように思います。
 このような視点で見ていきますと、ジダンのパス回しやベッカムのフリーキックは、ロナウジーニョのドリブルなどは、現代の道士と言ってもいいものでしょうか。
 このように「気」という概念をスポーツの観戦に応用してみますと、決して「気」と言うものが目に見えないからと言って、空理空論の世界のものではなく、実際に存在しているものだと把握できるのではないでしょうか。このように把握された「気」というものを、医学にも応用することで、東洋医学は独自の世界を築き、発展し来ました。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

参考


道教百話 道教百話
窪 徳忠 (1989/05)
講談社

この本の詳細を見る
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント