FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

わが身の楽しさ  - 『楽訓』 貝原益軒著より

わが身の楽しさ  『楽訓』 貝原益軒著より

【本文】
 私などは歳もなく徳もなく、君を助け民を救う仕事もしていないのに、一歩の田もつくらず、一本の麻も植えないで、十分に食事をし、暖かい衣服を着、家にいて風雨に犯されない。これは大きな幸いである。農夫は日夜耕作に苦しんでいるのに、飢え凍えをまぬかれない。あわれなことである。これを思うと我が身は貧しくても悲しまずに楽しまねばならぬ。外を求め上を願うのは、おごって分を知らないのである。古い言葉に「上にくらぶればたらざれども、下にくらぶれば余りあり」とある。これを忘れないで、我が身を楽しむべきだ。



 自分がいる位置というのは、自分が一番分かっていなかったりするのかも。

 上を見たり、下を見たり、視線は上下左右をぐるぐると巡る。
 しかし決してその視線は自分の足下には届かない。

 なぜだろう。

 それは、自分の“今”に満足できていないから・・・なのか。
 もちろん、現状に満足せずに向上していくことは大切だと思います。私も、昨日よりも今日はもっと良い治療が出来るようにと勉強をします。鍼灸師としての今の自分の力はまだまだであるという自覚があるからこそ、また勉強をするし、勉強が楽しくもなります。
 こういった自分を向上するような不満は、許されるのかもしれません。しかし、上とか下とか隣の芝生とか、そういった他者との比較による不満は、向上心からはほど遠いように思います。

 益軒は、古い言葉を引用して楽しむことを奨励する。益軒の言う楽しむとは、ただ流されているだけの娯楽ではなく、自分の向上を“楽しむ”ことではないかと思うのです。

 自分を楽しむこと、それは、自分の位置を確かめる行為なのかもしれません。


 そして自分自身とは、お米を作ってくださる農家の方がいて、それを運んでくださる運送会社の方がいて、そしてさらにお店の方がいて、多くの方の助けによって活かされている存在です。それらが自分の位置を楽しむ基盤なのですから、自分自身を楽しむと云う事は、その根底には感謝の気持ちがないといけないのではないかと、益軒の文章を読んで思うのです。




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント