ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

太平の楽しさ  - 『楽訓』 貝原益軒著より

太平の楽しさ    『楽訓』 貝原益軒著より


【本文】
栄啓期(春秋時代の人)が、三楽とは、人と生まれたこと、男子と生まれたこと、長生きしたことだといったのは、まことにその通りである。今の世の人はこの上にもう一つ大いに楽しむべきことがある。これを知って各人が楽しまないといけない。その楽しみとは何か。大君(徳川将軍)の御恵みによって、こういう太平の御代に生まれ、堯・舜の仁にあって、白髪になるまで戦争にあわなかった。これは大きな楽しみではないか。邵康節(しょうこうせつ、北宋の学者)が世に感謝した言葉に「太平の世に生まれ、太平の世に老い、太平の世に死ぬる」といったのは、まことに大きな幸いである。今の世の人はみなそうである。乱世に生まれると、朝夕戦を事とし、あるいは難を逃れて身の置き所もなく、あるいは盗賊に追われて山や海に逃れ、夜は一人歩きができぬばかりか、昼間でも仲間がつれたって行かないと近いところでも往復ができなかったという。老いては身の死なないのを嫌うと言ったのは、昔の人が乱世の苦しみを言ったのである。こういう世に生まれた人の苦しみは、今から思いやるのも悲しい。昔から乱世は多くの治世は少ない。今の人は昔、兵乱の世が長く続いて不幸に悲しんだことを思いやって、我が大君の御恵みと今の世の太平の楽しみとを忘れてはならない。蓼の虫は蓼のからいことを知らない。今の世に生まれて今の世の楽しみを知っている人は少ない。昔のことを思いやって今の世を楽しまないといけない。



 東洋医学では、生命の誕生をとても大切にしています。生命の誕生は、陰陽の出会いであると言います。自分が今生きているのは、父と母の存在なくして成り立ちません。さらに父にも両親がいて、母にも両親がいますが、このようにして命の連繋ががあったからこそ、自分がここにいることができます。そう思うと、自分がこの世に生まれてきたと言うことは、奇跡の連続で、文字通り“有り難い”ことです。

 自分がこの世に存在できるルーツとなるご先祖が生きていた時代、その数々の時代の中には、様々な混乱の世があったであろうと思います。この益軒の話のように、戦が続いた時代もあったでしょうし、そしてそんなときはおちおち街を歩くことだってできなかったかもしれません。そういったことに気を取られて戦々恐々とした中で生活をするよりも、やはり安心した生活が望ましいです。心も体も、とにかく安心できる世の中であることは、人生を楽しむ基礎となります。

 今の日本は、とても苦しい時代です。しかしここで踏ん張らないではご先祖様に申し訳が立ちません。かつてご先祖様が踏ん張ってきたように、私たちも自分の力で大地を踏みしめ、そして一歩一歩歩むことが求められているように思います。そして自分が踏ん張った先には、きっと光り輝く道へとつながって行くに違いありません。苦しい時代だからこそ、感謝して生きていく、それが大切なのだと感じています。

 日本人は、とかく自分の世代だけのことしか考えないように思います。もちろん自分の生活が大切ですし、今の生活を守ることも大事です。しかし中国人(今の中国人は分かりませんが、私が触れる古医書の中国人の姿)は、自分の世代だけではなく、自分に続く世代、子供の世代や孫の世代だけではなく、さらにその先のことまでも視野に入れていますので、とても長期的なスパンで計画を立てます。そう考えると、明日へつなげるために自分がいるんだという気持ちにもなれるようです。そして次の世代に繋がるのであれば、という気持ちで謙譲の気持ちも生まれてくると言うことです。

 10年、20年という短いスパンではなく、この先の日本の未来が明るくなるように、中長期的な視野の取り組みも必要なのではないかと思います。

 人生を楽しむという生き方は、視野を広げれば、自分の生活や自分の世代だけが楽しめればいいと言うことから、他人の尊重、次世代への橋渡しという思いやりに繋がります。この世に生きる楽しみから、エゴを取り去っていくことができたら、これほどの楽しみはないのかもしれません。




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント