ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

『日本美の再発見』 ブルーノ・タウト著

 今年のはじめの方の記事で、古本屋さんで新書を四冊購入したというお話しを書きました。そのうちの一冊を読了しましたので、ご紹介します。

 ブルーノ・タウトの『日本美の再発見』というものですが、前回の記事では絶版と書いてしまいましたが、後で調べてみたところ、復刻版が出ておりました。それがこちらです。

日本美の再発見 増補改訳版 (岩波新書)日本美の再発見 増補改訳版 (岩波新書)
(1962/02/20)
ブルーノ・タウト

商品詳細を見る



 まず、この本を読んだ一人の日本人として、かつてこのように日本を愛し、日本の美を愛でてくれた外国の方がいたことに敬意を表したい。そして、その外国人の琴線に触れた日本人、日本の美を紡いでつないで来てくれた先人にとても感謝したいと思います。

 本書は、ブルーノ・タウトというドイツ出身の建築家が著したものです。ブルーノ・タウトは1933年に来日し、日本に数年滞在しながら各地の建築を研究した方で、とりわけ伊勢神宮の外宮、桂離宮に心酔したことで知られています。タウトは、中国の様式などに影響されていない、純粋な日本の美が現れているものを特に賞賛したようですが、伊勢神宮の外宮と桂離宮はその際たるものとして目に映ったのではないでしょうか。

 本書の前半は、ブルーノ・タウトの美への思いや美の基準のようなものを全般的に話し、そして伊勢神宮の外宮について言及していきます。その筆致は外国人らしい視点も多くあり、とても興味深く、また、日本人も忘れてしまっているのではないかということを感じ取っているように思います。
 そして中盤は旅日記です。日本の国内を旅した様子が克明に描かれています。この日記を読みますと、まだまだ日本は前近代的な生活をしていることが多かったようで、古い時代の日本という感じがますが、古さだけではない古き“良き”部分も所々に垣間見ることができます。特に秋田や白川郷での記述は、自分もタイムスリップをして観に行きたくなる、そんな衝動に駆られます。
 後半は桂離宮、修学院について。タウトは桂離宮をあらゆる角度から眺めたのではないでしょうか。そしてどこから眺めても完璧な美、形式や機能性といったものが、美と完全に融合していることに驚き、そして感動をしたのでしょう。桂離宮の制作者といわれる小堀遠州への憧憬が、ひしひしと伝わってきます。


 私は日本人であるにもかかわらず、日本人としてまだまだ知らない日本の美がたくさんあります。こういった本を読んで再発見するというのでは、日本人として恥ずかしいことかもしれません。しかし、こういった外からの目によって開かれるというのは、知らないままでいるよりははるかにいいこと。受け売りにはなりますが、それでもいいものならば買っておくのがいい。本書は、古きよき、だいぶ昔の日本がまだまだ残っていた頃のお話しです。日本にもこんな時代があったんだなぁと、タウトと一緒に旅をするように日記を追うことができます。そして日本の美とは何か?日本人とは何か?日本とは?という問いかけもやってきます。「絆」という言葉が昨年の漢字に選ばれましたが、日本人としての絆とは何か?そんなルーツを紡ぎだすヒントになるかもしれない一冊です。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント