ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

観てないけど、大河ドラマ

 今年の大河ドラマは『平清盛』。初回は散々な視聴率で逆に話題になっているそうです。私は観ていないので、中身についてはなんともいえないのですが、大河ドラマは、その時代を暗喩しているような題材が多いように思います。

 私は今から8年ほど前に、郷里の箱根を飛び出したのですが、そのときにやっていた大河ドラマは、香取慎吾主演の『新撰組!』でした。私は当時は箱根にいてテレビがありましたので、この『新撰組!』を少し観ましたが、「時代に取り残されていく人々の悲哀」というものを感じながら見ていました。当時は「勝ち組」「負け組」という言葉が流行り、勝ち組と称される人々が脚光を浴び、負け組といわれる人々が自虐的になったり、さらに落ち込んだり・・・という頃でした。私自身はそんなことはくだらないと思いつつも、仕事がうまくいっていなかったので、「自分は負け組だなぁ・・・」とひどく落ち込む毎日でした。そんな中で『新撰組!』を観ていると、時代に取り残されていく人々、新しい時代に付いていけなくなる人々への愛着を感じるとともに、「今は時代が切り替わるときなんだ。頭を切り替えていこう。」と感じながら、閉塞する自分自身と重ね合わせていました。結局それがきっかけというわけでもないのですが、このままでは自分の人生が終わってしまいかねないと、ふるさとを出ることになりました。
 そんな『新撰組!』も、近藤勇の切腹で幕を閉じましたが、そしてその数年後に、今度は福山雅治主演で、時代を切り開いた側の『竜馬』が取り上げられたと言うのも、何ともいえない大河ドラマの時代の暗喩、時代の輪廻を感じました。

 今年は『平清盛』。
 清盛と言えば『平家物語』に代表されるような世界観を想像します。つまりそれは、「諸行無常」。「諸行無常」は、ちょうど『新撰組!』をやっていた頃に、「勝ち組」としてもてはやされていたホリエモンが好きな言葉で、ホリエモンはこれを人生やビジネスのテーマとして生きているそうですが、ここにも時代の空気を感じます(良い悪いは別として)。

 諸行無常とは、「ありとあらゆることは同じではない」、「常に移ろいゆく」という意味です。この言葉を平清盛と重ねると、人生の栄枯盛衰、なかでも「枯」「衰」のところに焦点が行きがちになり、マイナスなイメージをもたれるかと思います。なので視聴率もなかなか稼げないのかもしれません。
 しかし、諸行無常は決してマイナスの言葉ではないと思います。これは、“良い事も悪い事も常に起きることで、それに気を取られて一喜一憂しないように”といった感じではないかと私は理解しています。いいときはいいときなりにいいときを楽しみ、悪いときは悪いときなりに悪いときが過ぎ去るのをじっと待つ。いつも悪いときばかりではない、かならず夜明けはあります、だから何事も囚われすぎないように・・・。そういう意味で捉えると、『平清盛』も意義深く鑑賞できるのではないでしょうか。

 良い事も悪い事も、実は自分や社会が勝手に判断していること。本当は、大きな流れの中で生かされている、そういったたゆたふ大きな流れのなかに、私たちは生きている。


 で、「諸行無常」の移ろいというのは、東洋医学の気の思想とも関係しています。そのあたりをお話ししようと思ったのですが、ちょっと長くなりますので、本日はこの辺で失礼します。また改めて。

 というのも、また、諸行無常なり。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント