FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

“今”でしょ!

 私はテレビを持っていないで、普段テレビは観ないのですが、サッカー中継だけは別格なので、このときは携帯のワンセグで観ます。そうすると普段観ないCMを観るわけですが、サッカー中継で挟まれるCMといえば、とかく多いのが東進ハイスクール。個性的な先生が何人か出てきて決め台詞をいうというもの。私自身予備校にはよく通いましたので、こういった名物講師の授業を思い出します。

 この東進ハイスクールのCMで、いつも最後に出てくるのが現代文の林先生という方。このCMの最後の最後の決めなのであろうか、最後の締めの座は譲れないようです。



 決して私は東進ハイスクールの回し者ではありません(笑)

 しかし、この先生の言うこと、確かになぁと思うので、いろいろ反論はあるかと思いますが、あえて載せました。


 当院には、たまに鍼灸師の先生が治療を受けにいらっしゃったり、また鍼灸学校の生徒さんがいらっしゃったりします。どんな治療をしているのか、どんな勉強をしているのか、そんなことを聞きたいということで。私も別に秘密主義ではありませんし、師匠から学んだことを基にやっているので、隠す理由もありません。そこで赤裸々にお話しをするのですが、私の治療の肝としては、「古医書を読む」ということにありますので、そこを必ず伝えます。正直、古医書は漢文ですので、読みずらいです。しかしそこを通らずして古典的な治療はできませんので、原文を出して、こんなのを読むといいですよとお話しをします。

 すると大抵の方は、「そんなの読めません。」とか、「いやぁ、私にはとてもできません。」と最初から拒絶反応を示します。そして「もっと簡単なのはないのですか?」と最後に付け加える方が多いです。

 わたしも簡単なものがあればそれを読みたいです。しかしありません。やはりそこは苦労をしないといけません。今さっき、「私も先生のように治療ができる鍼灸師になりたい。」と言っていたのに、「苦労はしたくない」と言うのはどういうことなのだろう。私だけが知っている秘伝や奥義のようなものがあると思っていらしたのだろうか。

 患者さんは待っていてくれません。今日も、明日も、鍼を求めて、治癒を求めてやってきます。治すためにこの仕事を選んでいるのであれば、その求めに応じるのがプロというものです。そのためにできる努力をする、これは当たり前のことです。なのにその努力をしないで治療家になりたいというは、ちょっと虫が良すぎるのではないでしょうか。

 。自分の進む方向性がありますので、私のような古典を勉強する意外にも方法はありますし、どれを選択するかはそれぞれの先生の道です。しかしどの道を選ぶにせよ、やっぱり勉強しないと治療はできません。

 では、いつ勉強するのか?

 それは、「“今”でしょ。」ということなのです。

 鍼を求めている方がいる、だから勉強する。

 そして自分の鍼で身体が治る方がいる、だからまた勉強をしたくなる。

 そういう感じで、鍼を好きになる、そして勉強する。

 汲めども汲めども尽きない泉がそこにある。

 ありがたいことではないだろうか?

 勉強しよう、今日の“今”。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ

ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント