ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

天才じゃないから。

 12月31日大晦日。

 開業してから毎年この日も仕事をしています。開業当初は暇な日も多かったのですが、大晦日もそれに違わず暇でした。だいたい午前中には予約が終り、その後は大掃除に取り掛かるというパターンだったと思います。それがありがたいことに、最近の大晦日は夕方、夜まで忙しくしていることが多くなりました。

 大晦日まで仕事をしていますと、「よくやりますねぇ~」と同業の方からも言われたりするのですが、前にもこのブログでも書いたように、私の実家は和菓子屋を営んでおりますので、年末は鏡餅や伸し餅の注文で大忙しで、休んだことがありませんでした。また、実家は箱根にありますので、箱根駅伝や箱根神社への参拝の方で賑わいますので、お正月も休んだことはありません。そんなこともあってか、年末年始は仕事をするものだと小さい頃から自然と身についていますので、それほど苦ではありません。

 ということで、大晦日でも仕事をするというのは自然なことなのですが、もう一つ大晦日までは仕事したいという理由があります。

 それは、「感覚を維持したいから」というものです。特に感覚でも、脉診の感覚が一番大切です。患者さんの脈から身体の情報をキャッチするのが脉診ですが、これはかなり微妙なタッチが必要とされます。逆に言えば、微妙なタッチと感覚を妨げるようなことはできません。それはギターを弾くこともそうですし、重い荷物を長時間手で持つのもそうですし、ラケットのようなものを使うスポーツもできません(剣道の名人クラスですと、力を抜いて構えるために、かえって手は柔らかくなるそうですが、そこまでのレベルに行くまでの過程で手は酷使してしまいますので・・・)。

 そしてもう一つ大事なのが、「脈を診ることを続けること」です。間が空いてしまうと、脉診の感覚が鈍るのです。もちろん脉診にも天才の人がいますし、名人クラスになれば、ちょっとやそっとでその感覚が鈍くなると言うことはないでしょう。しかし私のような凡人は、とにかく触ってその感覚を維持していかないといけません。また脈だけではなく、鍼を持つ感覚もとても大事で、特に私の場合は鍼管という管を使わないやり方ですので、鍼を持つ感覚も維持する必要があります。

 師匠の勉強会に入門したとき、帰り際に初めて師匠と握手をしたことがあります。そのときに師匠は、私に向かって、「あんたのこの手でものになるかなぁ。」と厳しい表情で伝えたことがあります。そしてその何年か後に再び握手をしたときに、「少しはましな手になってきたなぁ。」と少しばかり誉めてくれたことがありました。私はそれが嬉しくて仕方なかったのですが、まだまだ気を許すと手は元に戻るのではないかと思ったりします。

 師匠は冬になると必ず手袋をしていました。私が冬に素手でいると、「もっと手を大事にしろ!」と叱られたものです。

 このように、脉診をする鍼灸師にとって、指先の感覚はとても大切になります。その感覚を大切にするためにも、あまり長く休みを取って間を空けることが怖かったりもします。鍼灸師になって今年で12年、開業してから今年の2月で丸7年。ある日突然脉診がすごくうまくなっている・・・なんてことはこの凡人にはありません。だからこそ、コンスタントに仕事をさせていただく、その環境を与えてもらっていることがありがたいです。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント