ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

読書の楽しみ  - 『楽訓』 貝原益軒著より

読書の楽しみ     『楽訓』 貝原益軒著より

【本文】
 およそ読書の楽しみとは、色を好まなくてもよろこび深く、山林に入らなくても心のどかに、冨貴でなくても心ゆたかになることである。人間の楽しみでこれに変わるものはない。天地・陰陽をもって道の法とし、古今天下をもって心を遊ばせる世界として、そのおもしろさは至って大、限りなく広い。一日書を読んでいる楽しみは最高である。聖賢の書を読んで、その心を得て楽しむのは楽しみの極致である。そのつぎに昔のことを書いた歴史には、わが国では神武天皇より今年まで二千三百七十年、中国では黄帝より今まで四千四百年の間のことが載っている。だから中国と日本の歴史を見ると、遠いいにしえのあとが目の当たりに明らかに見えて、自分がその当時に生きていた心地がし、数千年の長生きをしたようだ。この楽しみもまた大きい。目前のことだけを見て、昔の文章を知らないのは、ひどくかたよったことである。「人古今に通ぜざるは、馬牛にして襟裾(着物を着ること)す」と韓退之(かんたいし・韓兪、唐の文筆家)もいっている。古い本を見ず、いにしえの道を知らない人は万事理に暗く、いろいろのことを知らない。まだ夢が覚めないもののように迷って一生を過ごす。これは大きな不幸である。およそ古今の書に通じて、理をきわめ、事を知っていると、見ること聞くこと万事の理に疑いがなく心のうちは大いに楽しい。いにしえの書を知らないと、中国のことも日本のことも、古今天地のうちに満ち満ちている理も事もみな分からないといえよう。


 いつの頃からか活字離れが進んでいるといわれ続けています。しかし巷には本屋が多くあり、いつ行ってもけっこう人が入っているものです。また、活字から離れているとは言うものの、こうしたブログやフェイスブックなど、文字による伝達が主流で、そこから流行が生まれてくる時代でもありますので、あながち活字離れが進んでいるともいえないのかもしれません。むしろ毎日様々なつぶやきや文章が飛び交う時代となって、かつてないほどに活字文化は滲透しているといっていいのかもしれません。

 しかしこういう時代になると、常に新しい情報が優先されていきます。ツイッターなどはその典型で、タイムラインと呼ばれるつぶやきの表示が、次から次に上から下へと流れていきます。確かに新しい情報には価値があります。私たちは“今”という時代を生きているのですから、今の情報は価値があるのは当然です。
 でも、私たちの足元には、これまで歩んできた人々の歴史があります。歴史の延長に私たちが存在しています。そうなると、単に新しい情報だけではなく、過去の歴史を紐解くことで、多くの生きるヒントを得られることになります。

 私は古医書を元にした鍼灸施術をしています。『黄帝内経』『難経』といったものを主にしながら、その後に出された注釈書などを読んでいます。最近では清の初期に書かれたものを読了しました。その中には、命門の解説、腎中の火の解説など、東洋医学の根幹に関わる記述も多数あり、とても参考になりました。これもまた、人類の歴史で、人類の遺産と言えます。そしてこれらの本を読むことにより、私自身の喜びになるとともに、これを患者様にフィードバックしていくことで、周りの方の歓びにもつながります。

 日本の歴史、近現代の歴史を学ぶことは、未来の日本を考える力になると思います。活字離れと言われないように、これからも読書を楽しんでいきたいと思います。



東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント