ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

姿勢を反省する日々

 野口三千三氏の本を再読してみました。以前一度読んではいるのですが、正直あまりピンとこないことが多かったのです。しかし久しぶりに読むと、かなり腑に落ちる内容ばかりでした。自分の感覚がまだここまで全然達していなかったのだなぁと思ったのですが、そのなかに、治療者として心しておかないといけない文章がありましたので、軽くご紹介しておきます。


『野口体操 おもさに貞く』 野口三千三著より
病人の看護・老人の介護・身体障害者の介助などを職業とする人たちにおいて、腰痛症を職業病として考えている人が多い。しかし、その原因が病人・老人・身障者に対しての優しさが、まるごと全体のからだとしての優しさになっていないからだと、気付いている人は少ない。
まるごと全体の優しさそのものになり切っていれば、相手の身体と全身で触れ合うような体勢になってしまうはずだ。そうすれば、人間の身体の動きは自然に合理的に動いてくれて、腰にだけ負担がかかることは少なくなる。対象から離れていると、手先だけの動きになってしまい、結果として腰に大きな負担がかかることになるのである。


 
 私が鍼灸学校に入った頃、まずは人の身体に触れることに馴れようと、按摩の先生に就いたことがあります。かなりハードな強揉み系の先生でしたので、体力的にとても大変でした。そして私自身が腰痛になってしまうことが多く、腰痛持ちが腰痛患者さんの治療をするという笑えない状況になり、果たしてこの仕事をできるのだろうかと思ったものです。

 その後鍼灸のおもしろさを実感し、按摩から鍼灸専門に変わっていったのですが、鍼灸専門になってからも、最初は往診でやっておりましたので、膝を突いて前かがみになったり、無理な姿勢で仕事をすることが多かったので、体力はかなり使っていたように思います。

 しかしその後鍼灸の師匠から姿勢を教えてもらったところ、疲れることが少なくなりました。このツボはこの立ち位置で鍼をしなさいと、使うツボによって立つ位置が決まっているのです。それらの位置を学んでいくと、まず人の体が楽であり、あまり疲れないことが分かりました。そしてさらに鍼の効き目が増してくることも実感するようになりました。

 野口三千三氏の本を改めて読みますと、姿勢の大切さを感じます。そして冒頭に引用させていただいた文章などを読みますと、自分の姿勢からやさしさが出ているのか、やさしさがちゃんと姿勢に反映されているだろうかと考えてしまいます。そして何よりも効果がある鍼をすることができているのか、そういったことを考えてしまうのです。

 私の師匠は、鍼をする姿勢には人一倍うるさかった方です。脉診や腹診などの診察をするときにも姿勢があると、何度も怒られてきました。

 おもいはからだに現れます。

 今日の臨床をしている私の身体は、どんな姿勢でいたでしょうか。患者様の方がきっと客観的に見ているんだろうなぁと思うと、恥ずかしいやら反省するやらです。


野口体操 おもさに貞く
野口体操 おもさに貞く
(2002/12)
野口 三千三




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント