FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

鍼灸の鍼(はり)はこんな感じ

 昨日のブログで書きましたように、ベッドに寝ていただいてから、一連の診察がはじまります。そしてその診察の結果、五臓六腑のバランスが分かり、どこのつぼを使えばいいかが分かってきます。
 このように、本来の鍼灸医療は病名や症状に対してツボを選ぶのではなく、身体全体の診察をして、どういう状況に体があるかをしっかりと把握しておかないとツボは決まりません。

 診察が終わり、ツボが決まるといよいよ治療の開始です。
 当院の治療は鍼灸医療の源流に根ざしたもので、その内容はとてもシンプルで、かつとても効果が出るものです。
 そして本治法で使用する道具もまたとてもシンプルなものになっています。

 今日は治療に使われる道具の説明です。
haridougu.jpg
治療道具の写真
 治療道具は上の写真のようにワゴンに置いてありますが、とてもシンプルです。左の手前にあるのが治療のメインで使われる鍼です。そして真ん中にあるのがマグレインと呼ばれる合金の粒です。この粒には磁気も何も含まれておらず、単なる金属の粒です。そして、左奥にあるのがもぐさです。そしてその右にあるのがもぐさに火をつけるための線香と、線香の火を消す水入れです。
 つまり、鍼、もぐさ、マグレインという三つの治療道具だけで鍼灸治療がなされるというわけです。

hari.jpg
銀・八分長柄鍼(はちぶちょうへいしん)
 当院で使っている鍼は、銀製です。最近は利便性・経済性からステンレスの鍼が使用されることが多くなりましたが、ステンレスの鍼は身体とのなじみがあまりよくないので、銀の鍼を使用しています。
 鍼はすべて治療毎に新しいものをおろし、使い終わったものは全て破棄しておりますので、他の患者様に使用したものを再び使うことはありません。これは衛生面・感染面での配慮、そして鍼をオートクレーブなどで高圧滅菌しますと、鍼は折れやすくなりますので、そのような折鍼事故を防ぐという理由もあります。
 上の写真を見てもお分かりのように、当院の使用する鍼は皆様が持っているイメージよりもずっと短いと思います。全長が4.7cm、鍼の部分は約2.4cmとなっています。鍼の太さも髪の毛ほどで、マッチやヘアピンと比較してもその短さ・細さ・軟らかさが伝わると思います。このような種類の鍼は、古医書医学では「毫鍼(ごうしん)」と区分されています。この毫というのは、毛という意味ですので、毫鍼とは、「毛のように細い鍼」ということになります。
 「はり」と聞くと、注射針をイメージする方が多いと思います。注射の鍼は先が先が磨かれて刃物になっており、組織を切りながら体内に入っていきます。
 一方鍼灸で使われる「はり」の先は尖っているだけで、刃物にはなっておりませんので、組織を押し開きながら入る感じです。ですので、鍼灸のはりは痛いものではありません。
 また、『黄帝内経・霊枢』の「九鍼十二原篇」というところに、鍼の刺し方が書いてあるのですが、そこには「蚊虻の止るがごとく」と書いてあります。これは、「鍼を刺す時は、蚊や虻が止まるように、そして刺しているのか刺していないのか分からないくらいやさしく刺しなさい」という意味になるのですが、技術の面からみて見ても、鍼灸の鍼とは、痛くないのが本来の鍼灸術になります。
 以上のように、本日は当院で使われる器具のうち、鍼を重点的に解説してきました。鍼灸治療に対する誤解の多くは、「鍼=痛い、怖い」というイメージから来ているのではないかと思います。しかし、このように鍼は乱暴なものではなく、2000年の人類の歴史の中で培われてきた道具と言うことが分かっていただけると思います。そして、その鍼を使う施術者の技術もまた、2000年の歴史の中で磨かれ、伝承されてきたものです。このようにみていきますと、鍼灸医療は、「痛い、怖い」というイメージのものではなく、人体にとってとても有効な治療方法であることが分かるかと思います。

※もしも鍼に対してまだ疑問がございましたら、どしどしご質問・疑問などをお寄せください。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント