FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

簡体字

先日(2/2)のブログでも書いたが、現在研究発表のため、中国史を調べたりと、仕事の合間に忙しく準備をしている。
『中国医家スーパー列伝』と題名をつけてみたのだが、大きな本屋さんの中国史コーナーに行っても、こういったものを専門に扱った本はほとんどない。東洋医学を紹介した本の中にわずかに散見される程度である。
そこで先日中国・台湾の本を取り扱う本屋さんに行き、資料探しをしてきた。そこの本屋さんは古い雑居ビルの一室にあるのだが、中は床から上までぎっしりと本が積み上げられており、一種独特な空間を醸し出している。ここには中国・台湾で発行された古医書があるので、月一くらいのペースで通っては掘り出し物を探しに行く。
いつもは自分で本棚を眺め、積まれた本を慎重に横にしたりしながら、まるで貴重な絶滅種を発見するかのごとく静かに本を探す。
しかし今回は発表の資料探しと目的がはっきりと決まっていた。そこで本屋のおじさんに、
「中国医家の人名事典見たいのを探しているんですが・・・。」とたずねた。
これだけ膨大な本が並ぶ中、おじさんは
「ああ、あるある」といって、隅のほうに行く。
そして「あったあった、これこれ・・・。うぃーー、一番下だなぁ。」とぼやく。ぼやきながらも上の本を少しずつ下に下ろして、本を取り出してくれた。
書名は『中医人物詞典』(上海辞書出版社)
迷った挙句に購入することにした。
迷ったというのは、この本が簡体字で書かれているからである。
簡体字というのは、中華人民共和国になってから制定された感じの略字体のことである。
普段漢文書かれた古医書を読んでいるのだが、これは我々が今日日本でも使っている漢字と変わらないので、馴染み深く親しむことが出来る。しかし、この簡体字に馴れていない。同じ中国の言葉であるのだが、なんだかすごく遠い国の文字を読んでいるような気持ちになってしまう。文章もストレートに頭に入ってこないのだ。
これは単に馴れの問題であるとも思うのだが、資料を読みながら馴れていくしかない。
その資料の横には『漢字簡化弁音手冊』という漢字と簡体字の早見表手帳が置いてある・・・。




東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

堂主は、音手冊とかたずねた
日本で合間とか深く日本など決まっていた
人名事典とか漢字や、貴重などを研究しなかった?


鍼灸祭

tamanoiさま、Mmeさま、こんにちは。
鍼灸では、「鍼灸祭」というのが毎年5月に、御茶ノ水の湯島聖堂で行われまして、ここで鍼灸の鍼や艾(もぐさ)に感謝の気持ちを捧げ、供養をします。
なぜこの湯島聖堂でやるかといいますと、湯島聖堂は儒教のお堂です。儒教は言うまでもなく孔子が開いたもので、中国思想の根本の一つです。そしてここには孔子のほかに神農と呼ばれる医薬の神様が祀られています。この神農は野山を駆け回り、ありとあらゆる植物を口にしてはその効能を身体で受け止め、生薬を分類したとも言われ、また鍼灸の道具も発明したとも言われています。そんな伝説から神農は東洋医学の神様的存在です。その神農に感謝し、供養するのが「鍼灸祭」です。
ちなみにこのお祭りは昭和40年頃に有志が集まってはじめられたものですが、しばらく途切れておりまして、5年位前から再び始まりました。
湯島聖堂もなかなか気の高い場所なので、お時間ありましたら足を運んでみてください。

針供養

針供養の針は、お裁縫の方の針の供養で、
縫い子さん達が、針に日頃の感謝と、お裁縫の上達等を祈願する行事ですよね。。。

とすると鍼灸の鍼も、、、?

針供養

こんにちは。日記帳を見ていて気がついたのですが、2月8日は針供養なのですね。先生はいつも何か大切な鍼の「供養」のようなことはしているのですか?
非公開コメント