FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

母乳は飲むではなく食べる

 鍼灸院には老若男女の方がいらっしゃいます。下は3ヶ月くらいの赤ちゃんから、上は90代の方まで。比較的元気な方もいらっしゃれば、心身ともにお疲れになっている方もいらっしゃいます。治りが早い方、時間がかかる方、それぞれです。

 そういった様々な患者様と接しておりますと、いったい人の身体というのはどの段階が一番大切なのだろうと思うことがあります。当院も「体質改善」を鍼灸治療の効用として挙げておりますが、生まれ持った変えられない体質の部分もあるにはあったりしますので、それはどうしたら改善できるだろうと考えたりしています。
 
 そうなると、やはり小さいときの育て方、もっと下れば胎内のときの状態、もっともっと下れば、精子と卵子の状態から健康というものを辿ってあげないといけないのではないかと思う今日この頃です。

 最近、清の医家であります陳士鐸という人の本を読んでいます。この陳さん、文章が派手と言いますか、割りと自慢ばなしみたいのが多いのです。『辨証録』という症例を集めたものがあるのですが、だいたい、「この症状を分析できる人は未だかつていただろうか、いや俺がはじめてだ!」という決まり文句が入っていたりします。そういった自慢げなところは釋に障るのですが(笑)、参考になるので蔵書の一つに陳さんの本を入れております。

 さて、前置きが長くなってしまいましたが、最近その陳さんの本を読んでいましたら、「母乳を食す」とありました。私は古典学者ではないので、「食べる」という言葉に、「飲む」という意味を含ませた使用が普通なのかどうか定かではありませんが、「飲食」という言葉は陳さんの本よりも古くからありますので、「飲む」と「食べる」という行為は明らかに分けていたと思うのです。私たちの現代の感覚からしますと、母乳は「食べる」ではなく、「飲む」ものだと思いますので、この陳さんの言葉遣いがとても印象的だったのです。そしてそれはすぐに、なるほどなぁという感慨につながりました。

 母乳は血液から作られています。血液は東洋医学では「血(けつ)」と言い、「気」の反対概念として、形あるものを表現したりもします。そしてそれが転じて、血は食べ物を指すときがあります。つまり、母乳は飲み物というよりは、食べ物という考え方があったのではないかと思います。それもそのはずで、離乳食を始めるまで、赤ちゃんの命の綱は母乳です。現代栄養学から見ても、母乳はすぐれた性能を持っていることがわかっておりますが、そこには成長に必要な栄養が詰まっているのです。
 東洋医学では食べ物をとても大切にしております。食べ物によって身体は作られ、食べ物によって健康を維持することができるという思想があります。そういった思想が背景にあるので、なおさら母乳は飲むものではなく、食べるという意識が強かったのではないでしょうか。

 小児鍼をしておりますと、治りやすい子、治りにくい子がいらっしゃいます。これは私の腕がまだまだということもあるかと思いますが、それを差し引いても、やはりお子さんの栄養状態が影響をしていることが少なくないと思います。そしてさらには、妊婦さんのときのお母さんの食生活も赤ちゃんには影響を与えています。赤ちゃんに与える母乳は、自分が食べた飲食物から作られます。そしてそれを赤ちゃんが「食べる」のです。

 母乳は赤ちゃんにとっての命の綱です。そして赤ちゃんは母乳を食べて成長していくのです。

 これから母親になろうと考えている方、今まさに母乳を上げている最中のお母様は、自分の食事にも気をつけて欲しいと思います。そしてすでに母乳をあげる時期を過ぎてしまった場合でも、お子様にとって毎日の成長の源は食事です。高級な食材とか、無農薬とかそういったことではなく、自分が食べているものが家族の心身を作り上げているのだと気づいていただきたいと思います。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント