FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

『青木繁展』

 先週の日曜日、京橋にありますブリジストン美術館へ、『青木繁展』を観てきました。

110909aoki2.jpg

 青木繁は、1882年7月13日~1911年3月25日を生きた明治期の画家で、洋画の手法を使って、日本の神話をモチーフにしながら感動的な作品を遺した方です。わずか28歳という生涯ではありますが、『黄泉比良坂(よもつひらさか)』、『わだつみのいろこの宮』、そして美術の教科書でもお馴染みの『海の幸』などの傑作を多く遺しております。

 私が青木繁の絵を観て一番強く思ったのは、「今でも絵が生きている」ということでした。つまり、古臭さを感じない、今でも新しさを感じる絵であるという印象でした。『わだつみいろこの宮』という作品は、夏目漱石の小説にもちらとっと登場するものですが、漱石がはるか昔の人という印象に比べて、青木繁の作品は今日的で、自画像から受ける印象もまた新しく、両者が同時代に生きていたことを想像するのが難しかったです。

 青木繁の代名詞と言えば『海の幸』。

110909aoki1.jpg

 今回は最終日に行ったのですが、すでに『海の幸』の絵葉書はすべて売り切れ。ということで、入口近くのポスターを撮りました。

 『海の幸』は、美術の教科書に載っているからという親しみだけではなく、やはり作品自体の圧倒的な力にその魅力があります。ほんとうに不思議というのか、観ていて飽きない。漁夫の肉体、横長の構図、完成品とは思えないラフな筆先、そして作品完成後に手が加えられたと言う白く塗られた恋人たねと青木繁自身の自画像の面立ち。『大穴牟知命(おおむなむちのみこと)』という作品に描かれている女性の表情もそうなのですが、青木繁が描く女性の表情は、どことなく奥深さを秘めた、女性の強さを表現していると言うのか、そういった独特な異彩を放っているのですが、『海の幸』のたねの顔も生々しく、観るものに強く訴えかけるのです。『海の幸』は、現在重要文化財の一つになっていますが、この絵は日本の宝に違いないと強く思うのです。

 私は青木繁の作品を前にして、“強く”思うことが多くありました。力強い、ダイナミックと言うのとはまた意味が違って、作品が放つエネルギーの強さとでも言うのか、胸に迫る青木繁の思いとでも言うのか、そういった訴える力の強さというものでしょうか。
 今回の『青木繁展』では、青木が遺した海の絵も多数展示されていました。移り変わる海の光をたくみに捉え、一つの画面の中におだやかさと激しさが同居するような、これまた吸い込まれるような絵でした。青木繁が最後に描いた絶筆もまた海の絵でしたが、おだやかで、うつくしく、いつまでもそこにとどまっていたい風景があるのでした。

 残念ながら会期はもう終わってしまいましたが、青木繁の作品をみる機会があるときは、どうか訪れてみて下さい。100年前とは思えない新しさと強さが、観るものを魅了してくれると思います。


追伸
『青木繁展』のことを書こうとウィキペディアを見てみたのですが、クレイジーキャッツのメンバーであった石橋エータロー氏は、なんと青木繁の実の孫だそうです!ちなみに青木繁の息子は石渡幸彦という名前で、音楽家として活躍したそうです。
□ ウィキペディアの青木繁の項目
 

 

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント