FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

バランスが取れない物体と生命の比較

 バランスを取ろうとする力、自己回復力、自己治癒力。これは“生きている”ものが“生きている”かぎり持ち続けます。逆に言えば、この力が費えたときが生命活動の終りと言い換えることができると思います。


 生きている、生命がある、そういった生きた力が携わっているところには、必ず自己回復力があると思うのです。

 しかし物には自己治癒力がありません。
 例えばパソコンが壊れたら、まずはパソコンに詳しい人に電話してどこが悪いか推測し、そして自分でできる範囲で修正します。それでも直らなければ工場に出して、メーカーの人の手で直してもらいます。
 このように、物体には自己治癒力がないので、元に戻すためには人の手が必要です。
 逆に言えば、自己治癒力がないから、物体なのです。

 生きているということは、自己治癒力があるということ。「回復しよう」という力が備わっているのです。それが生命というもののテーゼであるともいえます。 

 寝ているときも、起きているときも、私たちの身体は“バランスを取ろう”と動いてくれています。自分の意思とは関係なく動いてくれています。身体が悪いときは、良くなろうという力がはたらくからこそ、身体が回復していきます。物体にはそんな力はありません。

 私たちには「よくなろう~」という力があります。

 鍼灸は、その力を利用した治療方法です。身体が回復するきっかけを得られないとき。鍼やお灸でその力を動かしてあげるのです。身体を治そうとする力が回復し、バランスを戻してくれるようになったら、身体は治っていくのです。身体の力、自然の力、そこに備わるバランスへの回帰。

 東洋医学、鍼灸は、バランスを取ろうとする身体本来の力を引き出すのだと、バランスを崩した自分の身体が気づかせてくれました。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

確かに

本来、波は避けられないでしょうね。
堂主さんの言うとおり、波に乗ることだと思います。
確かにその表現は言い当てています。

人生の波に乗るか、溺れるか。
もしくは漂着物に乗っかっておさまるまで待つか。
ただ、私には、その選択は運命のように思えますね。
歳を重ねるに従って、年寄りじみた運命論者になってしまった私。

もうひとつ、精神における、人生の春夏秋冬について。
意外と、若年寄の若者が、年を重ねるに従って、若者以上に
若々しくなって、そのまま、若葉のような晩年を過ごす人も
たまに見かけるような。
もちろん、何かのキッカケでとか、自然にそうなってしまった
場合に限りますが。やっぱり無理したモノは崩れます。
(無理が自然になっていけば、まだイイのかも)

しかし、そう思うと、「自我」と思っているモノが、
本来の自分の持っている「性質の逆を装っている」場合も
あるのかも。「自我モドキ」というのか。
己を知ったつもりでいて、己に騙され、本当は己を騙し。

そういう点で、体というのは素直なのかもしれませんね。
ある意味、体で判断してしまうのが、客観的かもしれん、と
ふと思う今。勉強になります。ありがとうございます!





そうですね、まさに。

陰陽にはいくつかの特徴があります。
その一つに「陰陽消長」というのがあります。これは、陰が長じたら陽が下がっていき、陽が長じたら陰が下がっていくというお互いの強弱の変化のことを言います。
たぶんわたしもうごさんがおっしゃるように、人間のライフサイクルにも陰陽の消長があると思います。これはオカルトや占い的な特別なものではなく、昔から言われているように、「人生、山あり、谷あり」という極当たり前の陰陽の法則だと思います。そのライフサイクルの波を読めれば楽なのかもしれませんが、避けられない部分もあるのかもしれませんよね。波は避けるよりも、“乗る”ことが大切なのかもしれません。うまくは言えないのですが、それが無為自然なのかなぁと、本当に最近思ったところです。
最近思ったというのは、自分の年齢と関係します。血気盛んであるべき若いときに、無為自然が分かってしまったら、それはそれで若年寄りで、おもしろみがない。若いときは春夏ですから、どんどん前に前に、そして外へ外へと活発に動く時期だと思います。しかしある程度過ぎてから(人生の後半に入ってから)は、ペースを落として周りの景色を眺めながらまとめていく、という段階に少しずつ入っていくのがいいのかもしれませんよね。その切り替えが出来る人は、うまくその時期を乗り越えるのでしょうけど、いつまでも前へ前へと自我を強くしていくと、結局自分が耐えられなくなるのではないでしょうか。
と、わかっているようなことを言いましたが、自分自身を客観的に見るってすごい難しいことですから、どうやってそれを乗り越えていくのだろうと、ちょっと怖いところもありますね。

バランス、まことにイイ話です

私は身体に関してはズブの素人でありますが、
人生、精神に関してのバランスについては
自論があり、いつかブログで紹介しようと思っていた所です。

ちなみに、長年、人を見てきて、喜びの度合いが強い人、
異常に前向きな人ほど、凄く落ち込みやすい傾向が
あるように思えます。

そして、最近騒がれている、紳介の件、ちょっと前なら、
朝青竜の件、それなら予言として出せよと言われそうですが、
私、突然の終わり方を予測していました。

小室哲也、安室奈美恵、高島忠夫、ダイエー、ヤオハン、
ライブドア、などなど。

急激な成長や、ひと時代を築くことは、それなりの
大きな落とし穴、代償が伴うことを年々、確信する
私であります。

そして体が弱いものは、弱いなりの健康維持が
イイように思えるこの頃です。
いつか鍼うってもらいます。
非公開コメント