ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

この食材はどうかな・・・と。

 去年あたりからでしょうか、とにかくありとあらゆるものに使われるようになった食材があります。“○○○○入り!”という宣伝文句が付され、店頭に並んでいます。

 私はこの流れに対抗して、いかにこの食材の食べすぎが身体に悪いかを訴えております。それは東洋医学だから奇をてらっていっているのではありません。現代生理学、現代医学から見てもこの食材の食べすぎは身体に悪いのが明らかなのです。

 この流れを作ったであろう方がいます。その方は医師で、本をたくさん出しております。この方が主張しているもう一つの健康食も、これもちょっとどうなんだろうなぁと思うのです。それもまた、東洋医学からの疑問ではなく、現代栄養学、現代医学から思うことなのです。普通に現代栄養学の本を読めば書いてあることなのですが、この医師は読んでいないのでしょう。またこの医師は、著書の中で「東洋医学では・・・」ということを書いているのですが、その記述を読みますと、この医師が東洋医学に対して全くの素人であること、イメージだけで東洋医学を語っているのは見え見え・・・。「東洋医学」と言いますと、何だか“身体に優しい”というイメージがあるようで、そのイメージだけを宣伝に使って中身のないものも多々ありますが、そういったイメージだけの利用のされ方は、甚だ遺憾であります。

 うーーん。

 これも昨日ご紹介した「メディア・バイアス」のなせる技なのか・・・。

 多勢に無勢。

 私がここで言っても一蹴されるだけ。

 しかし最近ではテレビで訂正された情報も流されるようになったとか。


 私の基本は、東洋医学の説明はもちろんのこと(これは東洋医学の専門家として当たり前のことですが)、現代医学的な説明や裏づけもできるだけしていくこと。ただ古いから良いとか、東洋医学で昔から言われているからというだけでは根拠が薄いと思いますので、できるだけ現代医学では何が当てはまるのか、その裏づけを考えるようにしています。

 ここで言う現代医学とは、生理学や解剖学と言った基礎医学のことです。臨床的な西洋医学は、東洋医学の臨床とは身体の見方が異なるため、同じ方向性で見えていないことも多く、あまり説明にはならないことが多いように思います。しかし、基礎医学の分野では、東洋医学の言葉をその用語で説明することもできることが多々あります。例えば東洋医学では漠然と陰陽と言いがちですが、これを自律神経に当てはめれば、交感神経が陽ともいえますし、副交感神経が陰と、より具体的に現代医学(基礎医学)の言葉で言い換えることもできます。では、どうしてこういったことが可能なのか?といいますと、東洋医学も、現代医学も同じ人体を見ているのです。同じ人体を見ているのですから、原理原則である現代医学の部分とは共通点があるわけです。つまりこれは、東洋医学も科学であるということの裏返しなのですが、なかなかこの作業は難しいところがあります。

 昨日の記事でご紹介した『メディア・バイアス』とつながりますが、世の中の健康情報や健康器具の宣伝文句には、「東洋医学」という言葉がイメージだけで使われていることも多いように思います。「東洋医学」という言葉が健康食品や健康器具の宣伝文句についているときは、ちょっと一瞬“根拠はあるのかな?”と問いかけ直してみてください。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント