FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

怪我の功名(3)

 強い薬を処方され、指示通りにしなかったということで私の身体は全身が痒みに襲われることになりました。

 すると先生は、

 「では、今度は強い薬と弱い薬を同時に飲んで下さい。強い薬が切れたら弱い薬だけにして、じょじょに強い薬から離れるようにしましょう。これで良くなると思うので、次回は悪くなったら来る感じにしておきましょう。塗り薬も少し多めに出しておきますからね。」といい、薬の処方箋を出してくれました。

 しかし・・・

 私は指示通りにしたのですが、結局治らなかった・・・。治るどころか、かえってひどくなっていったのです。患者さんにも、「せんせい、お大事に」といわれる始末。かっこ悪いです、はっきり言って(苦笑)

 と、「怪我の功名」というタイトルで書き始めましたが、どうも話が別の方向にすすでしまうので、この副作用のあたりのことはまた別の機会に書こうと思います。

 そこで、「怪我の功名」です。

 今回自分がこうして身体を壊してみて、わかったことがあります。それは、経脉と絡脉の違いです。そしてその違いが脈に出るということです。古医書の記述を読んでいると、そういうものがあるのは分かるのだけど、それをどう利用したらいいのかというのが分からないことが多々あります。それは2000年以上前に書かれた本ですから、そういうこともよくあります。本場である中国でさえも、われわれが『枕草子』をすらすらと読めないのと同じように、古医書の読解は苦労をしており、文章として読むことはできても、臨床に使っていないということは良くあることです。
 私にとって、経脉と絡脉の違いというのは、まさに、文章としてはきれいに理解し、分類できるのですが、実際の臨床では使えないものでした。しかし今回自分が体調を崩し、どうして体調を崩したのか、そして花粉や黄砂がどのようなルートで身体に入り、そして身体に不調を起こしたのかというが、絡脉のところから理解することができました。そして理解ができるということは、それを施術に使えるものに落とし込むことができる、ということになります。

 経脉と絡脉の違いを理解し、これはもう絡脉の治療をしないと良くならない、そして奇経の治療もしないと改善は難しいと判断したことにより、自分自身の治療方針も見えてきました。

 皮膚のサイクルを自然なものに戻すため、何が必要なのか。そしてそのためにはどのような病因と病証を把握すべきなのか、今回の体調不良は、鍼灸師としての私に、大きな示唆を与えてくれました。まさにこれが「怪我の功名」なんだと思いました。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

良かったです

瀬戸先生、それは良かったです。

ホンマに痒みは辛いですからね~。
でもでも、またご無理なさらぬよう・・・^^
ストレスは痒みの元です。

また遊びにきますね☆v-227

治ってますよ~~

こんにちは、はるかさん。
コメントをありがとう御座位ます!

誤解させてしまったかもしれませんが、身体と顔の痒いのはすっかり治ってますよ~。もちろん古典鍼灸によって治しました。
最近いらっしゃる患者さんには、「先生、肌の艶が戻ってきましたね~。」と誉められます(笑)

今回のことは、本当にいい勉強になりました。
「やっぱり鍼灸しかないなぁ」という思いも強くなりましたしね。

薬の副作用についてもう少し書こうと思ったのですが、西洋医学を否定する立場でもないし、それがこのブログの目的でもないので、こんな感じで書きました。

N先生が嬉々として講義で語っていたように、「絡脉はほんま効きますわ。」って感じです(*^_^*)

鍼灸院へ行きましょう

瀬戸先生、ご無沙汰です。
メールする前に、貴殿のHP拝見しましたら
あらら、前の痒み系治っていないということなのね。
C先生の処方でも治療、ちゃんとやってますか?
私自身、開業して数年後に同じ症状が出て
もっとひどい経験をしております。完全にアルコールとストレスが原因でしたが。
色々西洋薬を体験してみるも、一瞬良いようでアカーン。
根本的に治せるのは鍼灸。鍼灸一本です!
あせらず、養生しながら、またPC・携帯は痒みの原因になりますから
しばしいじらないようにするのが良いです。
また、本来はご自身で治療するのではなく
鍼灸院へ行って、客観的に治療してもらうのが良いです。
私自身も神経性皮膚炎で頭皮足の甲まで痒みとボコボコの皮膚になり
大変なことになりましたが、他の(元気な)先生にやってもらうと
元気をいただける。気と血のバランスを調えてもらえますので、
鍼灸の実力を体感できます。
自分自身が弱っているのに、弱い気しか周りませんから
いくら処方穴が良くても、気の補充ができないのです。

うち来る~?(笑)

非公開コメント