ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

日本鍼灸の多様性は是か非か?(1)

 今年(2011年)の全日本鍼灸学会、全国大会のテーマは、「「新たなる医療へ」- 心と身体をみつめる日本鍼灸の叡智」というものでした。震災の影響で本来3日やるところを1日に集約したために、シンポジウムなど全ての発表が大急ぎとなり、十分な考察ができたかどうかは疑問なのですが、それでも全体としていくつかの重要な発表はなされたのではないかと思います。

 そこでいくつかここで話し合われたことを元に、日本の鍼灸の現状とその問題点を挙げて見たいと思います。

 まず、シンポジウムで東京衛生学園の講師をしている小川卓良先生は、日本鍼灸の特徴として「多様性」を挙げていました。「鍼灸の多様性」とは、現在の日本の鍼灸院では、鍼灸だけではなく、マッサージなどの手技療法も併用していたり、古典的なやり方や、西洋医学よりのやり方など、その幅が広いということです。小川先生はこれを、「患者さんのニーズに応えてきた歴史的背景がある」ということで、韓国や中国にはない日本鍼灸の独自性として評価していました。

 しかし私はほんとうにそうか?と疑問に思うのです。

 小川先生はこの日本の多様性というものを、医道の日本という鍼灸関連の本を扱う出版社が行ったアンケート調査を元に発表していましたが、そのアンケート調査によると、古典的な鍼灸のみで施術する、現代的な鍼灸のみで施術するといった専門性のある鍼灸院は少数派で、古典的な鍼灸を中心にしながら現代的な鍼灸を取り入れていたり、整体やマッサージなども併用するなど、鍼灸以外のことをしている鍼灸院の方が圧倒的に多いようなのです。

 私は古典的な鍼灸に属し、それだけで十分対応できますので、他のことを併用する必要がないと思っております。また、古典的な鍼灸はとても繊細なので、マッサージなどの手技療法との併用は、かえって効果を半減させてしまうことが多いことを、まだ鍼灸免許を取り立ての駆け出しのときに実際に経験してきました。そんなことを経験しながら、同時に古典的な鍼灸術の研鑽に取り組んでいき、古典的な鍼灸だけで対応できるまでにさせていただいたのですが、堅物といえる個性的なお師匠さんとの出会いなどもあり、これは私にとっては幸運なことだったと思います。
 しかし他の鍼灸師の方は、こういったお師匠さんと出会う機会が少ないです。私自身も、気をつけていなければ素通りしていたと思います。鍼灸学校では、現代医学の知識を吸収し、身体の仕組みを勉強することに追われて、鍼灸術を学ぶ余裕はないため、実技の授業はスタンダードなものになってしまいますので、鍼灸学校を卒業したら何をしていいのかわかりません。そこで付け焼刃的にあれもこれもと手を出してしまうことが多いものです。私自身も最初の頃はあんまの先生にも付いていたことがありますので、鍼灸とあんまを併用したりしながら模索を続けてきました。

 と、前置きは長くなってしまったのですが、日本の鍼灸の多様性というのは、実は誇れるものではないと言うのが私の印象です。鍼灸では治す自信がないので、他のものを併用する、自分の鍼灸術だけでは患者様のニーズに応えられないので、仕方なくマッサージなどを最後に付け足す、といったのが、多様性に見えるだけで、本来の鍼灸術を追究していると言うことになっていないのではないかと思うのです。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント