FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

陰陽は価値基準ではなく

 昨日は渋沢栄一の、“成功と失敗の基準にこだわらない”というお話しを書きました。

 “成功と失敗という二つの両極の価値基準だけで判断をしない”というのが趣旨だったと思うのですが、これを読んだ方には、「東洋思想・東洋哲学には陰陽と言う二つの価値基準があるじゃないか!?」と矛盾を感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

 確かに一般的には、“陽気な性格、陰気な性格”という言い方をしたりもし、陽気を明るく良いこと、陰気は暗くて悪いこと、という価値基準を表したりします。
 しかし、本来の陰陽の考え方は、良いとか悪いとかという価値基準を含みません。陰陽は、二つのエネルギーのどちらが多くて、どちらが少ないかという分類にすぎず、そこに良い悪いということは含んでいません。陰陽どちらが良いとか悪いとかではなく、陰陽のバランスが大切になります。

 例えば東洋哲学を基礎にした東洋医学では、身体をまず大まかに陰陽に分けます。体力があり、勢いがあり、病もまだ浅いものを陽といい、その逆を陰といいます。身体の回復で言いますと、陽は治しやすく、陰は治りにくい、ということになります。この治しやすい、治しにくいという基準からすれば、陰陽を価値判断をしているように思うかもしれません。しかし、あくまでこれは陽に傾いているか、陰に傾いているかという身体の持つエネルギーのバランスの状態を捉えているに過ぎずません。そして治療は、陽が多ければ陽を取り除く、陰が少なければ陰を補う、ことでバランスを取ることが主眼になります。

 一日においても、昼間は陽ですから活動的に過ごす。夜間は陰なので、身体を休めるようにしていきます。もしここで“陽が良い”という価値基準を持ち込んでしまうと、陰に抵抗しようと夜も身体を休めずに活動をするのがよいということになってしまいます。一日という視点で見ると、陽である昼間は活動、陰である夜間は休息という陰陽がわかれるために、私たちの身体もバランスを取ることができます。

 人生にはいろんなことがありますが、陰でも陽でも目先のことに執着せず、自分のバランス感覚を見失わないようにしていたいものです。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント