ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

グーグル症

 先日ネット上のニュースを見ていましたら、「グーグル症」というものが載っていました。これはどんな症状だろうとクリックしてみました。以下そこからの引用です。

J-CASTニュースより
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
体調が悪いと感じた人が、思いついたキーワードを使ってインターネットで症状を検索した結果、誤った自己診断をしてしまう――。検索エンジン「グーグル」の名を冠した、このような「グーグル症」にかかる人が増えているという。
勝手に「自分は重病だ」と思い込む。医師の診察を受けても「ネットで調べた治療方法と違う」と信用しない。こうした「素人判断」はかえって症状を悪化させる方向に導きかねない。医師にとっては、自分の診断や治療法の有効性を患者に納得させる必要もあるという。

検索結果だけで病状を判断するのは危険
米サウスタウンスター紙(電子版)は2010年5月16日、「増加するグーグル症」という記事を掲載した。グーグル症(英文「Google-itis」)とは記事中に登場する医師による造語。自分の病状を知ろうとネットで検索した結果、サイトに書かれている治療法を鵜呑みにしたり、深刻な病名が出てくると「これだ」と思い込んでしたりする「症状」だ。
記事中の医師は、例えば患者の首のリンパ腺部分が腫れていると、まずウイルスや感染症を疑うという。だがキーワードで検索すると、リンパ腫や白血病と言った重病も出てくる。これらはいわば「最悪のシナリオ」なのだが、それでも「自分がこの病気だったら」と不安に駆られて、医師が正しい診断を下しても納得せず別の検査を求める患者もいるようだ。
日本語で「首、リンパ腺、腫れ」と入力して検索してみると、当てはまる症状を解説するサイトがいくつも出てきた。中には「悪性リンパ腫」「リンパ節結核」という病名もあり、「自分はこの病気では」と自己判断してしまう人がいるかもしれない。
ライブドアブログでは「グーグル症」について、議論があった。「症状を調べて最悪を想定して医者に行くのはなにも悪いことじゃない」との意見がある一方で、「中途半端に知識あると自己診断しちゃうんだよね」「医者も大変だな。ネットで得たにわか知識で自分の命を診断しようとするやつがいる時代じゃ」など、ネット検索だけに頼るのは危ないという見方もある。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 これは、何でもかんでもネットで検索できる時代ということもあるかと思いますが、医師と患者さんとの関係が、昔と変わってきたということも関係していると思います。
 まず一つは、医師と患者さんとでは医療に関しての知識の量が違いますので、専門性におけるプロフェッショナルである医師と、医療に関しては素人である患者さんとの間には、大きな落差があり、医師の専門性を仰ぎ見るしかない状況がありました。しかし今ではこうしてインターネットで医療情報も検索できる時代ですので、この落差は縮まっています。
 もう一つは、インフォームド・コンセントの普及にあると思います。かつては医師は権威のあるもので、その治療方針に口を挟むことはできず、医師に従うことが当たり前でした。しかし現在は、治療を進めていくにあたり、医師はその方法やリスクをしっかりと説明するようになり、患者さんはその情報を元に、時にはセカンドオピニオンも得ながら、自ら医療を選択する権利を獲得してきました。

 以上のように、医療の選択は患者さんの自由であるという考えが普及してきました。これは逆に言えば、万が一病気にかかったときには、患者さん自身が自分で意思決定をしなくてはいけないという責任を負わされたことでもあります。医療の選択をするときは、自分で調べ、自分で納得し、自分で選択していかなくてはいけないという状況は、自由ではありますが、自己責任の比重が高まってきたことでもありますので、正しい情報を得る方法論を患者さん自身が持っておく必要があります。

 医師と患者さんと距離が縮まったことは、自分の人生を決定するという意思が保証されたことでもありますので、これは喜ばしいことだと思います。しかし、この「グーグル症」のように、溢れる情報のなかで、要らぬ心配をしたり、自ら間違った選択をしてしまうこともあるかもしれません。また、ネットの情報の中には、自分の利益に誘導させるようなものも含まれておりますので、情報の精査も必要です。


 ネット上で確かな医療・健康情報を集めるために、当院のHPにリンク集を作りました。まだ未完成なところもありますが、今後充実させていきますので、よろしかったらご利用なさってください。

□ 医療・健康関連リンク集

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント