FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

『菜根譚-中国の処世訓』 湯浅邦弘著 中公新書


菜根譚―中国の処世訓 (中公新書)菜根譚―中国の処世訓 (中公新書)
(2010/02)
湯浅 邦弘

商品詳細を見る


 大き目の本屋さんに行きますと、東洋哲学・東洋思想といったコーナーがあります。東洋医学を実践するものとして、そのようなところにも時々足を運ぶのですが、『儒教』や『老子』といった定番に混じって、『菜根譚』という本が置いてあることがあります。この『菜根譚』という書物がどのようなものか、私は全く知らず、「野菜や根菜類のお話しか?だったら食養生として読んだほうがいいかな?」と、書名を見るたびに思ったものでした。どんなものか一度手にして中をめくってみたりもしましたが、どうも食養生ではなさそうだなと、手に入れて中身を読むということはないまま時が過ぎました。

 先月本屋さんに行きますと、この『菜根譚―中国の処世訓 (中公新書)』が平積みにされていました。新書ですと電車の中でも読めますし、概要を掴むにはコンパクトにまとまっておりますので、これは丁度いいと購入しました。

 本書によりますと、『菜根譚』とは、中国明代末期に洪自誠という方によって書かれたもので、世の中に生きるための処世訓を語った随筆集です。洪自誠については、『菜根譚』の著者という以外は、ほとんどその人となりは伝わっていないようです。内容は中国思想の基本である『儒教』はもちろんのこと、『老子』、そして仏教などの影響も受けているようです。そのため、四書五経という正統な流れからは外れているのかもしれません。しかし、『儒教』が、訓詁学という文章の解釈に拘泥していき、社会に生きる一般の人々にとっては、実践的な思想としての活力を失っていったのとは対照的で、『菜根譚』は、社会に生きる我々の実践的な処方箋になる“活きた”お話がたくさんあります。これは著者の洪自誠が、実践を重んじ、実社会の中で生きてきた中で自らが体得してきたものだからだと思います。

 本書は、『菜根譚』の文章をいくつか挙げ、さらに他の古典を引用しながら話を膨らませてくれています。そのため、『菜根譚』の内容が、より立体的に理解できるように思います。お話の最後には、『菜根譚』の書き下し文も掲載されていますので、古典を読んでいる実感もあります。東洋思想・東洋哲学に触れる最初の一冊としてもお薦めではないでしょうか。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント