FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

楽しみは内にあり -『楽訓』 貝原益軒著より-

『楽訓』貝原益軒著より。

楽しみは内にあり

人の心には本来この楽しみがある。私欲の行いさえなければ、いつでも、どこででも楽しいはずだ。これが本性から流れ出た楽しみである。外に求めるのではない。わが耳・目・口・鼻・形の五官は外物に接して色を見、声を聞き、物を食い、香をかぎ、からだを動かす。この五つのわざを静かに欲少なく暮らせば、いきもかえりも楽しくないものはない。これは外物を楽しみの本としないからである。また外物にふれて、その歓喜の力によって楽しみがはじめて出てくるのでもない。本来人の心に生まれつきの楽しみがあるゆえ、外物にふれて、その助けを得て内にある楽しみが盛んになったのである。

 五感を感じる感覚器(目・鼻など)のことを、東洋医学では五官(ごかん)と言います。この五官は、外にあるものから刺激を受けて、脳を通じて心に感じる、身体のセンサーであります。そもそも我々の身体は、このような外の刺激に対して“感じることができる”機能を持っています。
 おそらく益軒は、それは何故か?という素朴な疑問があったのだと思います。そして同時に、この五官から生じる刺激は、過剰になると悪い意味での快楽、欲望につながってしまうということも考えたのではないでしょうか。ただ生命を維持するという意味では、五官は生命には直接関係はありません。しかし五官があることによってただ生きることから、楽しみをもって生きていくという生命の積極性が生まれます。外に何かあるからそれに反応して楽しんでいるのではなく、五官をもっているから外のものに反応する。あくまで楽しみの主体は自分の中に備わっていると、益軒は説いています。


たとえば人に生まれつきの元気がある。これが生命の本である。しかし、飲食・衣服などの外からの養いがないと、飢え凍えて元気を保てない。外物の養いで内の楽しみを助けるのは、外にある飲食・衣服の養いで、内にある元気を助けるようなものである。また心の内にこの楽しみがあると、飲食などの外の養いもみな楽しみの助けになる。

 では、だからといって「外にあるものを疎かにしていいのか?」という巷間の疑問に益軒は答えます。
 我わらの生命の根本は、元気である。これは東洋医学的な生命観ですが、この元気を養い育てていくことが、生命力を維持することで、ここが傷つかないようにするのが養生であり、傷ついた元気を補う技術が医療(東洋医学・鍼灸)であります。元気は風熱湿燥寒という外からの攻撃に破れることもありますし、怒りや悲しみと言った身体の中におきる感情で壊れてしまうこともありますので、こういったものをできるだけ排除しながら元気を保っていく必要があります。そのためには、まず栄養のあるものを摂るという飲食物や、雨露をしのぐための家や、寒さから身を守る服など、“外の力”も必要になってきます。そして嫌な感情から内側の身を守るために、“楽しみ”が必要になります。

 生命とは、楽しみを求めるのが本来の姿であると益軒は説きます。楽しみを求めることは、自分に内在する心を育てることであり、生命を楽しむ根本なのだと言っております。
 至極もっともなお話しですが、私欲によってそのもっともなお話がもっとも遠くのお話になりがちなところがあり、益軒は順序だてて楽しみの効用を伝えてくれています。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント