FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

鳩森八幡神社へ散歩

 昨日のお休みは治療院のお掃除をしました。一通りお掃除を終えると時間は12時近くになっておりました。新宿方面へ買い物に出ようと思っておりましたので、時間的にも、天気もちょうどよかったので、歩いて新宿まで行くことにしました。今日は時間がありますので、まっすぐ目的地までは行かずに、のんびりふらふらと街を歩こうと外に出ました。最近ずっと待ちわびていた太陽の光を浴びながら、普段通らない道に入って街歩きを楽しみます。当てはないのですが、ふと患者さんから聞いた“鳩森神社”が頭に浮かびました。おそらく千駄ヶ谷方面にあるのだろうという予想を立てて、行き当たっても、行き当たらなくても“よし!”ということで、なんとなく目標を持ちながらも行き当たりばったり。

 けっこう小さいけどおしゃれなお店や、古そうなお店などがあるもんだなぁと、行き当たりばったりの散歩は新しい発見があります。なんとなくこのあたりは陸の孤島といった雰囲気がありますが、人の生活があると感じさせます。

 そんなことを考えていますと、こんもりした木が見えてきました。

 お!これは!

 そうです、このこんもりとした木は、当てのないなか当てにしていた鳩森神社の境内のものでした。

 早速境内に入りましたが、驚きましたー!

 境内が広いのです。思っていたよりもかなり本格的な広さで、充実しています。

 まず驚いたのは、富士塚があること。

100430hatomori1.jpg
 
 富士塚とは、江戸時代に、富士山信仰を元に作られた富士登山、富士参拝を模した塚のことで、江戸の各所に作られました。この鳩森神社境内にある富士塚は、現存する都内最古の富士塚であり、江戸八大富士の一つで、初めて見た私も、思わずその見事な姿に“うわ~”と声を発してしまいました。烏帽子岩、入定窟、身禄像など、当時の富士山信仰の形態を垣間見ることができ、貴重な文化遺産だと思います。この富士塚は寛政元年1789年に建造されたそうで、近くにこんなものがあるとは思いもよらず、新しい発見に心を奪われました。

 さらに境内を歩いてみると、将棋堂なるものがありました。

100430hatomori2.jpg

 将棋堂の横にある案内板の由来記を引用させていただきます。

「昭和六十一年一月、社団法人日本将棋連盟(当時の会長・大山康晴十五世名人)より、山形県の駒師・香月氏の製作による、高さ一米二十糎の欅製の大駒が奉納された。この縁により、同年十一月将棋の技術向上を目指す人々の守護神とし、更に将棋界の繁栄を願って、日本将棋連盟と神社が協力し、この大駒を納める六角の御堂を建立した。御堂の六角は天地四方を表し、屋根の上の飾り金物は将棋盤の足の形、つまりくちなし(梔子)の実の形をしている。くちなしは口無しに通じ、助言無用の戒めからきていると古くから言い伝えられている。
 室内に安置された大駒は、御影石の将棋盤の上に立ち、その奥に氏神の八幡神が祀られている。
 毎年年頭に、この御堂の前で祈願祭が行われる。将棋上達を祈願する人は、いつでもその夢を絵馬札に托して奉納することができる。参拝者は気力向上の願いが叶えられ、よろず勝運に恵まれると言われている。」

 その絵馬がこちら。

100430hatomori3.jpg

 鳩森八幡神社の由緒書きをいただこうと社務所に行きましたら、小学4、5年の少年がおみくじを買っておりました。もしかしたら彼は将棋少年なのか?、棋力向上を目指して神社まで足を運んだのか?と想像してしまいました。すぐ傍には将棋会館がありますので、もしかしたら対局の帰りに寄った将来の名人選候補かもしれません。

【関連・参考情報】
□ 鳩森八幡神社公式HP
□ 都内の富士塚一覧表
□ 日本将棋連盟
 

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント