ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

最善手を選ぶ理由

 昨日は米長邦雄さんの著書に出てくる“最善手”という言葉を、鍼灸治療について考え直してみました。

 昨日もお話しましたように、鍼灸治療にとっての最善手(ツボ)というものは、闇雲にツボを使うのではなく、そのツボに鍼をする必要があるという根拠(逆に言えば、他のツボを使う必要はないという根拠)がないと選択することはできません。それは、東洋医学的な診察方法や、鍼の技術などが裏づけとしてあることによってできることです。そしてさらに最善のツボを選ぶということは、ツボの数を限定して、ツボを使いすぎないというためでもあるのですが、それは、身体が要求しているツボのみを使うことが、最も身体には有効であり、ツボの力を最大限に引き出すことになるからです。一回の鍼灸治療でツボを使いすぎてはいけない理由は、以下のような鍼灸治療の作用原理があるからです。

 鍼灸治療は、施術者が外から何かを注入するものではなく、患者様が持っている自己治癒力を最大限引き出してあげることによって、身体を治癒に向かわせるものです。一回の鍼灸治療で使用できる自己治癒力は、その患者様がそのとき持っている体力で決まりますが、その一回で使用できる自己治癒力を100とします。

saizensyu1.jpg


 最初にある100の自己治癒力を使って治療をしていきますが、二つのツボに鍼をしたとしますと、以下のように、一つのツボが発揮する力は、50になります。

saizensyu2.png


5つのツボを使いますと、一つのツボは20の力、

saizensyu3.png


10個のツボを使えば、一つのツボは10の力になってしまいます。

saizensyu4.png


 このように考えていきますと、ツボの数が増えれば増えるほど、一個のツボが発揮する力は減っていきます。こうなりますと、メリハリの利いた効かす治療ができなくなります。ツボの力を最大限に引き出すためには、身体が求めている必要最小限のツボを使い、100発100中でそのツボを効かせていかなくてはいけません。たくさんのツボを使いすぎることは、あまり効果は上がらないことは、こういう理由があるからなのです。


 一つ一つのツボを無駄にしないで大切に使用し、常にそのツボの力を発揮していくこと。
 常に最善のツボを使用していくことが、治療としての鍼灸には重要になります。

 源保堂鍼灸院の鍼灸治療は、他の鍼灸治療に比べて使用するツボの数は比較的少ないと思います。そのために初診の方には“ここは手を抜いている”“ここは痛い所に鍼をしてくれない”という誤解を受けることも少なくありません。しかし、その背景には、身体を回復するために最善となるツボを、東洋医学本来の診察技術で吟味しているということがあります。

 最善のツボを吟味すること、それが鍼灸治療にとっての最善手なのです。

東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント