FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

GWの旅での出会い

 GWに盛岡で一泊しました。宿は盛岡の駅から歩いて20分くらいのところにある小さな宿。遠野-釜石-宮古-盛岡とJR釜石線、JR山田線を乗り継いでリアス式海岸や岩手の山の中を列車で通ってようやく盛岡に着いたが、そのとき時計はすでに7時近くをさしており、あたりは暗くなり始めていた。そしてバスに乗って宿に着いた時には7時を回っていた。
 宿で少しゆっくりした後、外をぶらっと歩いてみた。宿の人に聞いていたお店で盛岡冷麺を食べ、さらに街を歩いた。
 その近くに藤原養蜂場というところがやっている喫茶店を発見。蜂蜜入りのジェラートなどを出しているようで、興味を持ってお店を見てみたが、あいにくお店は閉まっていた。
 
 次の日の朝、宿を後にしてその喫茶店へ軽食を食べに入った。注文を終えて今日の予定を考えていたところ、喫茶店に来ていた常連さん、通称‘大将’が話しかけてきた。

「お兄さんどっから来たの?」
「あ、えっと、東京から来ました・・・。」
「はぁ、そうだぁ、どっか違うと思ったもんでな。」
「いや、そんなことないっす・・・。」
「今日はGWで旅行?」
「はい、そんなもんですね。」
「どこさ行ってきたんだい。」
「遠野なんですけどね。あとはどこにも行かず、昨日は半日列車に乗ってました。」
「はあ、そうなんだ。今日はもう帰り?」
「ええ、盛岡市内を少し観光して帰ろうかと・・。行き当たりばったりの予定のない旅なんで。」
「そっかそっか。何が好きなの?遠野に行ったっていうなら、やっぱ昔話か?」
「そうですね、民話とか民俗学とか、歴史とかですかね。」
「ほうかぁ、じゃあ、おれが今日のルート考えたるよ!」

 ということで、この‘大将’が今日のルートを造ってくれることになった。お店にあった盛岡市内の地図を持ち出して、店員の女性にルートをマジックでなぞるように指示する。
「この傍によ~、啄木荘ってのがあるべ。今は新しいアパートが建ってるけどな。そこ行ったらいいよ、そこは啄木が盛岡に来て二回目に住んだところでよ、たしか雑誌か何かを発行したんでなかったかな。」
「はい、わかりました。ありがとうございます。あのー、あと、三ツ石神社に行きたいんですけど・・・。」
それを聞いた女性の店員さんは、
「ああ、でも意外と小さいですよー。行くんですか?」と言う。
しかしそれを聞いた‘大将’は、
「おめえの印象を聞いてんじゃねえぞ。いつも近くにいるおれらから見たら大したことなくても、観光できた人にとってはまた違ってみえるだぞ。そういうもんだぞ。近いんだからルートに入れてやれ。」
と、こんな調子でルート作りが進んだ。そして30分後にはルートが完成し、お店を後にし、今日の予定が始まった。
 
 そして最初のスポット啄木荘・・・。
 ここは普通の新しめの『啄木荘』という名前のアパートが建ってるだけでした・・・。
「なんだただのアパートかぁ・・・。」と思いながら、建っている説明書きに目をやると、石川啄木がここに移り住んだ日は「明治38年6月25日」と書いてある・・・。
 そう・・・。
 他でもない、6月25日は自分の誕生日・・・。そしてこの地で発行された雑誌の名前は『小天地』。
 何か自分の新しいスタートを感じる、The root produced by‘大将’であったのだ。  



東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング

スポンサーサイト



Comment

非公開コメント