FC2ブログ
ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

東洋医学・鍼灸と女性

 最近では、東洋医学・鍼灸に触れる女性の方も増えておりますが、もっともっと女性に鍼灸や東洋医学が普及していったらいいなと思います。

 ある古医書には、“女性の病は男性よりも多岐に渡っているので、医師はもっと勉強をしておかなければいけない。”という医師への忠告が書かれています。
 また、孫思ばく(そんしばく)という唐の時代に活躍した医師が編纂した『備急千金要方』という本には、総論のすぐ後に、婦人科が掲載されています。さらに婦人科の後には小児科が掲載されていますが、このことから、婦人科と小児科がとても重要なものとして扱われていたことがわかります。

 中国思想・東洋医学の根本にある陰陽論では、男性は陽、女性は陰と解釈されます。一見すると陽は明るく外向性があるものを指すので、男性のほうが女性よりも優位なものと思われがちですが、男女の陰陽論とは、男性と女性を区別するものであって、決して優劣をつけたり、明暗をつける差別的なものではないことを理解しておいてほしいところです。また陰陽論で言えば、“陰主陽従(いんしゅようじゅう)”という言葉がありますが、これは、“陰は陽に従う”ということで、陰である女性が主体であることを示しているとも言われています。

 以上のように、東洋医学・鍼灸医療の世界では、女性をとても大切にしている医療といえます。またそれは、女性は社会にとって、とても大切な基盤であるとともに、豊穣の象徴でもあり、貴重な存在であったことを伝えるものです。もちろんその流れを汲んでいる現在の東洋医学・鍼灸医療にとっても、この女性を大切にする姿勢は変わっていません。むしろ、女性の社会進出がどんどん進んでいく中で、ますます東洋医学と鍼灸医療の接点は近くなり、時代の要請に応えるべく、もっともっと女性の間で広まってほしいものと思います。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント