ありがとうございます
源保堂鍼灸院公式サイト
源保堂鍼灸院のサイトへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 本でもって 源保堂鍼灸院の書庫 (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 東洋医学・鍼灸を学ぼう! (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など はじめての鍼灸治療ガイドへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など 源保堂鍼灸院公式ブログ続鍼たまへ (C)表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内・源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・頭痛など isphoto by 表参道・青山・原宿・外苑前・渋谷・東京都内のはりきゅう院 源保堂鍼灸院 肩こり・腰痛・生理痛・不定愁訴・頭痛・眼精疲労・不妊症
源保堂鍼灸院からのお知らせ
一日一名言
はりたろう
カレンダー
プロフィール

源保堂鍼灸院・堂主

Author:源保堂鍼灸院・堂主

表参道・青山エリアにある源保堂鍼灸院のブログです。東洋医学・健康の話しをはじめ、治療院の日常、堂主・スタッフの情景などを綴っています。


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-17-3アークアトリウム101 TEL. 03-3401-8125

◇ 最寄は『表参道駅』です。
◇ 詳しい地図・案内は→こちら
表参道・青山・源保堂鍼灸院サイト

カテゴリー
最近の記事&コメント
続・鍼たまリンク集
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
メールフォーム
ブログの感想や東洋医学・当院への質問、ご意見がありましたら、こちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

PR
HP・ブログ・情報検索サイト

fc2ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
みんなのプロフィールSP

ブログ王
blog☆あ~るブログ専門サーチエンジン.com
くつろぐブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR続・鍼たまのQR 源保堂鍼灸院携帯用QR
RSSフィード

病気ではなく、身体を治す

 私には鍼灸の師匠がいます。その師匠にも師匠がいます。師匠の師匠は、昭和初期に「本治法」を復興した井上恵理先生です(いのうえ・けいりと呼びます。けいり先生は男性です。)。

 最近井上恵理先生の講義録を聴いておるのですが、その中で井上先生がこんなことをおっしゃっていました。

「東洋医学・鍼灸治療とは、病気を治すのではなく、その人の身体を治していくものなんです。」
                                       井上恵理先生

 この言葉を聞いて、私はなるほどなぁと思いました。

 西洋医学は診断後、病名をつけることから治療が始まります。
 一方東洋医学・鍼灸治療は、その人の身体が今どのような状況にあるか、ということを身体が発する情報を元に分析し、それを正しい方向に軌道修正していくことが治療となります。

 病名が決まるときには薬の処方や治療方針が決まりますので、処置があります。しかし病名が決まらない場合や、原因が不明な場合ですと、この方法論では治せないものも出てきてしまいます。
 しかし病名ではなく、身体がどのような状況にあるかを把握するという方法論であれば、たとえ病名が付かないものであっても、治療することが可能となります。
 どこか調子が悪く、日々の生活がうまくこなせないときに、病院に行って検査をしても、検査結果に悪いところは見当たらないことも少なくありません。検査に悪いところがないのですから、病名を付けることもできませんので、このようなときは処方もなく帰されてしまうことが多いものです。実際に身体が不調なときというものは、病名が付くようなものは少なく、このようなケースが多いものです。
 こういった場合に力を発揮するのは、冒頭に述べた井上先生の“病気ではなく、身体を治す”という考え方ではないでしょうか。鍼灸治療では身体どれだけバランスを崩しているかを把握し、そしてそのバランスを整えることで、症状を治していきます。このような概念で鍼灸をすることで、身体は元のバランスを思い出し、それによって不調がなくなっていき、症状が取れていきます。

 病気と身体、どちらを治すのか。
 西洋医学的な発想から見ましたら、この東洋医学・鍼灸医療的な発想は、まさしくコロンブスの卵的なものではないでしょうか。


東洋医学の鍼灸治療は当院へ
表参道・青山・源保堂鍼灸院HP
 東洋医学本来の鍼灸は、表参道・青山・源保堂鍼灸院へ


ブログ・ランキングに参加しています。
よろしければクリック応援をお願いいたします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント